Final Fantasy (ファイナルファンタジー):The Spirits Within その1 【2001年製作:3DCG:映画】

    さてさて、
    アメリカでの評判の悪さをそのまま受けての日本公開。

    なので、
    客足さっぱり。

    さてさて、
    スクウェアとFF(ファイナル ファンタジー)に関しては、
    この「ひとりよがり」では、
    ほとんど取り上げていない。

    どーしても、
    ネガティブな話になってしまうから避けているのよね。

    なので、
    今回もネガティブにならないように気をつけよう!
    と言うことで、
    ポジティブ編を一発目に書きます。

    さて、
    映画の話。

    凄いです。

    さすがです。

    金と人と時間をかけただけのことはあります。

    そして、
    多分一番大切な情熱を思いっきりかけたからできた作品です。

    クリエイター冥利に尽きる、
    ある意味オナニーのような自己満足の作品。

    別に、
    悪い意味で言っているのではないです。

    好きな物を好きなだけ、
    とことん作る。

    自分が良いと思ったモノに向かって作ったからこそできたんだと思うんですよね。

    実際、
    あのCGは凄い。

    他に言うことがない。

    もー、
    ビックリ。

    髪の毛一本一本まで、
    動かしている。

    驚きだー。

    できることなら、
    興行的に成功してもらって、
    第二、第三のフルCG映画を作り続けて欲しい。

    そして、
    より凄いモノを作っていってもらいたい。

    ここまでくると、
    このCG映画には凄い可能性が出てくる。

    もう既に亡くなってしまった名俳優たちを、
    現代に甦らせて、オールスターキャストの映画ができてしまうのです。

    声のサンプリングなんかの技術も、
    どんどんよくなってCGモデルの演技と一緒に声の演技も難なくできるようになってくるでしょう。

    絶対に、
    この映画は、
    映画史の中でも必ず語られる映画になったことは間違いないです。

    フルCG映画の一つの壁を乗り越えた作品。

    この一歩を、
    日本人の手によって成し遂げられたというのは、
    とってもうれしい限りです。

    ちょっと大げさかもしれませんが、
    映画史の一幕を垣間見るためだけに、
    この映画「Final Fantasy(ファイナルファンタジー)」を見に行って欲しいですね。

    ビデオになってから、
    なんて事は言わずに。

    ホントに凄い映像です。

    劇場で堪能してください。

    そして、
    自慢してください。

    あの映像のすごさは、
    素人には分かりません。

    ホントビックリ。

    ホント、
    日本映画として世に出したかったなー。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : 3DCG SF アクション 動画 戸田恵子 小林清志 小山力也 大塚明夫 アレック・ボールドウィン

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー