狗神 【2001年製作:映画】

    「狗神」というと、
    どーしても私は「犬神」を思い出してしまいます。

    まぁ、
    もともと狗神とは、
    狐ツキのことで、
    動物霊がついてしまうことを言っているので、
    「犬神」とは、
    大違いなんですね。

    まぁ、
    その辺の詳しい話を書くと、
    ちょーーー長くなって、
    説明を簡単にするのは、
    難しいので、
    止めときます。

    興味のある方は、
    直接あちきにご連絡してね。

    いやー、
    それなりに話題になっていたので、
    どんなもんだろうと見てみたんだけど、
    なかなか良かったよ。

    前半まではね。

    後半の展開は、
    ちょっとなぁ。

    村の伝承とかの引きはとっても良かったのに。

    あー、
    なっちゃうのが、
    日本的だよなぁ。

    別に、
    あの人物相関関係を否定しているわけじゃないし、
    設定的にも面白いし、
    ばばあがどんどん若くなっていくのもいいし、
    それもとっても自然に若くなっていくのが良いね。

    アレ?
    なんか若くなってないかい?
    って思わせて気がつかない人のために、
    物語の中にも自然に「若くなってないかい」って感じのシーンが入っているのが良いね。

    だけど、
    ねぇ。

    どーしよう。ネタバレになってしまうなぁ。

    うーーーん。

    まっ、
    いいか。

    どーせ誰も見ないだろうし。

    若くなったのが、
    狗神ツキのせいなら、
    その部分の説得力が、
    とっても稀薄。

    もー思いっきり、
    ネタバレなんだけど、
    お母さんの登場に関する話。

    アレが、
    狗神ツキのせいなら、
    最初から若くないとおかしいんじゃないのかな。

    狗神ツキになってからの話なら(こう思う根拠は、病院で薬をもらいにいく話があったから。そして、その話で主人公が狗神ツキだと知ったという話があったから)おかあさんとの話をもっとうまく見せるべきだったんじゃないかな。

    お母さんが登場するときは、
    必ず主人公と二人きりだとか。

    けっして、
    観客にその姿をはっきり見せないとか。
    映画「サイコ」みたいにね。

    その辺の作り込みの甘さが、
    後半にきてぼろぼろと出てくると、
    だんだん見るのがつらくなる。

    伝承として「狗神」を扱いたいのか、
    オカルトとして「狗神」を扱いたいのかが、
    全然分からない話になってしまったのがとっても残念。

    長途半端に話が広がったから、
    殺してしまえ的な展開は、
    やっぱりいかがなものかと。

    目に見えない恐怖。

    信仰に対する恐れ。

    どちらでもいいから、
    一本話の筋を通して欲しかったなぁ。

    もー、
    お母さんの存在が「サイコ」になった瞬間、
    観客は、
    一気にひいてしまうね。

    素材は面白いのに、
    料理人が下手だからしっかりまずくなっている。

    典型的な日本映画だね。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 邦画
    ジャンル : 映画

    tag : 伝奇 渡部篤郎 天海祐希 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー