シックス・デイ 【2000年製作:映画】

    いやー、こけたね。

    何がこけたかというと、
    劇場公開時の興行がこけたのよ。

    そんなに、
    ひどいのかぁ、
    とおもって最近まで見ていなかったのよね。

    でも、やっぱ金かけただけあって、
    皆さんが思っているほどひどい映画じゃなかったなぁ、
    と言うのが第一印象。

    アレだね。

    たぶん、
    あちきの中では、
    ひどい映画というのは、
    B級映画のとんでもなくひどい映画のイメージがあるから、
    この「シックス・デイ」くらいの映画ではひどいと思わないんだね。

    みんな、良質の映画ばかり見れて羨ましいよなぁ。

    やっぱ、いいものをたくさん見ないとね。

    目は肥えてこないのよ。

    私が薦めた映画ばっかり見ていると、
    ちょっと変態チックな映画が好きになってしまうよ。

    気をつけないとね。

    さてさて、映画の話。

    クローンの話。

    クローンネタの内容としては、
    良くできていると思うんだけどね。

    ただ、アーノルド・シュワルツェネッガーが、
    どーもミスマッチなのよね。

    役柄というか、なんというか。

    悲哀を感じないのよね。

    だから、とことん汚れてもらうしかないと思うのよね。

    それと、
    一番おしかったのが、
    クローンとオリジナルの区別が、
    中途半端で、
    そこがしっかりしていればもっと面白かったのに、
    と思うのよね。

    ネタバレになってしまうから、
    まだ見ていないけど、
    これから見ようとしている人は読まないように。

    オリジナルだと思っていた主人公が実は、
    クローンだった。

    それは、いいよ。

    うんうん。

    いい感じだね。

    予想はついたけど。

    問題なのは、
    その後の展開。

    「お前はクローンだっ」と言われて、
    オリジナルだと思っていたクローンは、
    愕然とする。

    しかし、ここで観客を混乱させる話が展開するのです。

    困った困った。

    どんでん返しを狙ったのかもしれないけど、
    見ている方がオリジナルとクローンの区別がはっきりしなくて混乱してしまうから、
    どーもスッキリしない。

    それとも、
    あちきのようにひねくれた視点で見てるから、
    そー思うのかなぁ。

    素直に見れば、
    そのまんまなんだけどね。

    やっぱり、
    ひとひねり欲しいジャン。

    それと、どーしてもアーノルド・シュワルツェネッガーが主役だから、
    アクションシーンが、ド派手で、
    世界観とマッチしていないのが、いかんよなぁ。

    「トータル・リコール」しかり「エンド・オブ・デイズ」しかり。

    ほんと、この映画も上の二つの映画もアーノルド・シュワルツェネッガーじゃなかったらきっと違う映画になっていたでしょう。

    うんうん。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション クローン アーノルド・シュワルツェネッガー 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー