超時空要塞マクロス スクランブルバルキリー 【スーパーファミコン版】

    スーパーファミコンの横スクロールシューティングゲームです。

    アニメ「超時空要塞マクロス」を題材にしたシューティングゲームですが、
    ハッキリ言って「超時空要塞マクロス」の世界観はほとんど感じられません。

    まぁ、この当時のキャラクターモノのゲームはそんなのがほとんどでしたからねぇ。

    だからといってゲームがおもしろくないわけではありません。

    横スクロールシューティングゲームとしてはよくできていると思います。

    難易度もEASYからHARDまでの3つから選べますし、
    自機も3種類から選べます。

    この3機種がまた微妙な感じなんですよ。

    何が微妙かというと、
    「超時空要塞マクロス」としての世界観に対して微妙と言うことです。

    一条輝、マクシミリアン・ジーナス、ミリア・ファリーナの三人が乗るVF-1の改良機を選択するんですが、
    選択画面がキュラクターが前面に出ていていかにもパイロットを選ぶ感じになっているのに、
    実は使用するバルキリーを選ぶのが本来目的になります。

    キャラクターのイメージだけで選ぶと攻撃のショットがそれぞれ違うので、
    向き不向きが出てくると思うんですよねぇ。

    アチキなんか、ミリア・ファリーナではじめプレイしたらどうもうまくいかなくて、
    結局、マクシミリアン・ジーナスでプレイしましたし。

    キャラクターが前面に出ているのに、
    物語(ステージなど)として変化があるわけではないので、
    キャラクターの姿を見るのは選択画面だけ。

    実に残念です。

    そして、ゲーム内容もファイター、ガウォーク、バトロイドの変形は当然のように出来ますが、
    それ以外の敵とかステージ構成(デザインなど)とか、
    全く「超時空要塞マクロス」とは全く関係ありません。

    唯一、ラストステージで背景にリン・ミンメイがうたっているシーンが出てくるところが、
    「超時空要塞マクロス」らしいところかな。

    そんな感じで「超時空要塞マクロス」のゲームとしてみると違和感だらけですが、
    横スクロールシューティングゲームとしては遊べます。

    難易度もほどよくて、
    やられて覚えて徐々にステージをクリアしていく感じで、
    とても楽しめました。

    これでキャラクター選択に意味が出てくると他のキャラクターでもクリアしてみようとか思うんでしょうけど、
    それがないから一度クリアしてしまうともう満足って感じですね。

    中古で安く買ってプレイしたので、
    (ついこの間クリアしました)
    コストパフォーマンスは良かったかな。

    ゲームとしてはおもしろかったのでお薦めします。

    「超時空要塞マクロス」のゲームとしてはちょっとお薦め出来ないかな。

    でもVF-1バルキリーやキャラクターのデザインとかは良く出来ていたので、
    変なデザインでイメージを崩されることはないです。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : レトロゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : STG ロボット 戦闘機 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー