鉄拳2 【プレイステーション版】

    いやー、ここから急に良くなりましたねぇ。

    と、いうよりナムコが、
    格闘ゲームというモノを理解したんだろうなぁ。

    前の「鉄拳」は、「バーチャファイター」を作ったプログラマーのいいなりで、
    ナムコのゲームじゃなかったからなぁ。

    この「鉄拳2」から、
    やっと「ナムコ」の格闘ゲームとなったわけです。

    「鉄拳」からの変更点は、大きくみるとキャラが増えたこと。

    「鉄拳」もいっぱいいたけど、
    「鉄拳2」はもっと増えた。

    そして、ムービーがキレイになった。

    そして、そして、初心者でもわたしのようなヘボゲーマーでも、
    ノーマルモードで最後まで、
    それなりの苦労でクリアすることができるようになった。

    これは、素晴らしい。

    それなりの苦労。というのが難しい。

    まぁ、ゲームの難易度というのは、
    人それぞれ感じ方が違うので、
    深くは突っ込みませんが、
    この「ひとりよがり」の中では、
    わたしが全てなので、
    そう「わたしがルール」なのです。

    絶妙。

    さいこー。

    でも、今となっては、この絶妙な難易度の格闘ゲームは、
    いっぱいあるからなぁ。

    でもでも、当時としては少なかったのよね。

    「バーチャファイター2」が、
    瞬間的なカタルシスを求めた格闘ゲームだったのに対し、
    「鉄拳」はボタンを押していれば、
    なんとか勝つことができる格闘ゲームとなっていったわけです。

    ちょっと乱暴な言い方だったかな。

    でも、これはアーケード版よりもプレイステーション版の方が、
    ゲームとして完成されていることを考えても、
    その認識は間違っていないと思うわけです。

    もちろん、開発時間の関係で後から出るモノが良くなっているのは当然かもしれないが、
    家庭用格闘ゲームとしてあれほど遊べるゲームは「鉄拳2」が初めてだったんじゃないかなぁ。

    全てのゲームをプレイしているわけではないので、
    もっと他にあるよ、という人がいれば教えて欲しいですね。

    で、多分、この「鉄拳2」で「鉄拳」シリーズの方向性が決まったんでしょう。

    決めてもいいくらい、良いモノになってます。

    そして、「鉄拳3」へと正常進化していくわけですね。

    鉄拳は、エンディングムービーのおかげで、
    キャラのストーリー性がとっても高いので、
    「鉄拳」からプレイしていると、
    結構おもしろかったりするのですが、
    さすがに今更「鉄拳」からプレイしろとは言えない。

    それも、初心者には。

    なので、「鉄拳」は最新作からどんどん過去に戻っていくほうがいいかも。

    まぁ、こだわって「鉄拳」からやりたい人も、
    とりあえず「鉄拳2」を購入して、
    ちゃんと最後までプレイできてから「鉄拳」をプレイしても遅くはないよ。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 格闘ゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : ACG 格闘 バンダイナムコ 動画 銀河万丈 中田譲治 大木民夫 冬馬由美 菊池志穂

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー