まだまだイケるプレイステーション

    なんか、いつもセガハードの引き合いに出して、
    悪口ばっかり書いているようですが、
    あちきは好きなんですよプレイステーション。

    特に、PS oneは、とっても好き。

    とっても欲しい。

    金があれば買っている。

    それも、液晶モニターツキで。

    物欲そそる商品作りがうまいよねぇ、ソニーさんは。

    で、本題に話が戻る。
    (本題なんてモノがあったのか知らなかったなぁ)

    あんなにも発売前は、ゲーム業界でほぼ絶望視されていたゲーム機が、
    今や国民機になってしまったことがすごい。

    マーケティングだぁ、
    CMだぁ、
    なんていろいろ成功の理由はいっぱいあるけど、
    一番は「ファイナル ファンタジー」がプレイステーションで発売されたことだと思うんだけどね。

    あの発売発表があるまでは、
    ゲーム好きのこども達は任天堂ハードで発売されることを信じて疑わなかったからなぁ。

    結局は、ゲームコンテンツで勝負が決まったという単純な話。

    で、そんなこんなでプレイステーションは売れ、
    次に発売されたプレイステーション2もこれまた売れに売れている状態。

    で、実は、あちきはとってもソニーさんを褒めてあげたい。

    別にあちきに褒められてもソニーさん的には、
    ちっともうれしくないだろうけど、
    他のハードメーカーさんも真似して欲しいくらいとっても素晴らしい事をソニーさんはやっている。

    廉価ソフトの販売。

    なんだ、そんなことか、
    と思っている人いっぱいいると思うけど、
    コレはとってもゲーム業界的には革新的だし誰もやろうとしなかったし、
    できなかったことをさも当然とはじめたソニーさんはえらい。

    そして、ここにきてもっと安い廉価版の発売もしたし。

    これまた凄いことです。

    「PS one Book」シリーズとして、
    過去に発売されたおもしろいゲームを低価格で販売するシリーズ。

    大体、1800円で発売されている。

    それまでのベストシリーズが2800円だから、
    一気に1000円も安くなっている。

    ゲームソフトも音楽CD並に。

    これがソニーさんの考え。

    ゲーム好きの人には、いまさらのタイトルばっかりだけど、
    普通の人にとっては、とっても新鮮なゲームだっていっぱいあるのです。

    コレは、中古対策もあるけど、
    しっかりとプレイステーションというフォーマットをしっかり残していきましょう、
    というソニーさんの素晴らしい考えなわけです。

    前回、セガサターンの話を書いたとき、
    セガサターンのゲームタイトルが1000あると書きました。

    ゲームタイトルが少ないと言われていたセガサターンでもそんなにあるのに、
    ゲームタイトルがいっっっっぱいあるプレイステーションは、
    どのくらいあるんでしょうねぇ。

    実は、プレイステーションをもっているユーザーが年間ゲームを買う本数って、
    平均すると約2本なんです

    たった2本です。

    だから、プレイステーションをもっているユーザーは基本的にRPGが好きなユーザーで、
    ビッグタイトルが年間二本発売されると、
    他のゲームがまったく売れないというとっても乱暴なマーケティング結果が出てしまうのです。

    だから、廉価版の登場となったわけです。

    これまた、ちと乱暴か。

    中古対策がメインだったりするからなぁ。

    でも、この廉価版、
    いやいや言葉が悪いな、
    低価格による販売方法は、普通のユーザーにとって、
    とってもメリットのあるモノで、
    尚かつ、
    全体的なパイを広げる役割もあり、
    尚かつ、
    ソフトメーカーにとっては、
    二次使用で販売するからコスト的にも価格に見合ったもので提供できるのでデメリットが少ない。

    まぁ、中には安く販売されるのを待つユーザーが増えてしまって、
    新発売するソフトが売れなくて困ってしまう。

    と、いっているメーカーもありますが、
    そんなのマーケティング的にほぼ無視できる数字ですよ。

    逆に、待ってくれるだけありがたいと思った方が、
    よろしいのじゃないでしょうか。

    安くなったってかわねぇーよ。

    みたいなソフトがいっぱいありますからねぇ。

    おっと、長くなったので、そろそろこの辺で終わりにしましょう。

    この続きは、いずれまた。

    だれかPS oneをプレゼントしてくれないかなぁ。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : PlayStation
    ジャンル : ゲーム

    tag : ACG RPG SLG STG RCG PZG

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー