タイムボカンシリーズ ゼンダマン 【アニメ】

    タイムボカンシリーズの第三弾「ゼンダマン」です。

    今回初めてキャストの変更がありました。

    三悪トリオではなく、
    善玉の方です。

    「ヤッターマン」までは太田淑子と岡本茉利だったのが、
    三ツ矢雄二滝沢久美子に変更になって、
    はじめの頃はちょっと違和感あったかな。

    それでも三悪トリオ(ムージョ、トボッケー、ドンジューロー)の声は、
    いつもの小原乃梨子、八奈見乗児、たてかべ和也でしたからねぇ。

    やっぱりこれは代えられないよなぁ。

    「ゼンダマン」では、
    「タイムボカン」と同じようにタイムトンネルを利用した時間旅行で「命のもと」を探す旅にでることに。

    それを奪うためにアクダマトリオが追いかけて一悶着が起きる話となっています。

    そして、アクダマトリオに新たに猫のペット(ニャラボルタ)が加わり、
    このニャラボルタが実に重要なキャラクターになります。

    物語としては、
    「ヤッターマン」で培ったモノを踏襲し、発展させようとしていましたが、
    やはり物語全体のパワーは「ヤッターマン」ほどではなかったですね。

    アクダマトリオとのメカ対決も前半と後半では変わってしまいましたし。

    制作側の苦悩がその辺から垣間見えてきますね。

    実際、前二作に比べて話数も少なくて、
    それでも1年間52話が制作されました。

    アチキも「ヤッターマン」ほど夢中になって観ていたわけではないなぁ。

    と言うよりも「ゼンダマン」以降、
    アチキも年齢を重ねてきて、
    観る機会が減っていったのも事実ですね。

    まぁ、再放送とかでも観ていたし、
    決して嫌いではなかったので観てはいました。

    とはいえ、
    このあと「タイムパトロール隊オタスケマン」「ヤットデタマン」とだんだん観なくなっていったのも事実です。

    それでもタイムボカンシリーズは観続ける価値があるのは、
    やはり「逆転イッパツマン」が控えているからでしょうね。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ SF 泥棒 ロボット タイムトラベル 三ツ矢雄二 滝沢久美子 小原乃梨子 富山敬

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー