F1 2002年シーズンを楽しむために PART1

    いつもいつも、F1ネタを書くときに、
    出来るだけまったく知らない人でも、
    少しは分かるように書くことを心がけて書いているつもりのはずなんだけど、
    どーなんだろう。

    まぁ、書く内容の前に、
    分かりやすい日本語と文章にするべきなんだろうなぁ。

    ついね、てきとーに崩して、遊んでしまうわけだ。

    いかんねぇ。

    だって、つまらない内容で、つまらない文章だと、
    ほんとつまらないでしょ。

    せめて、なんだこりゃ?
    と思ってくれれば、少しは印象に残るかなぁ、
    と、それなりに苦労して書いてんのよ。

    ほんとかな?

    まぁ、えぇ。

    だら~、と、無駄なことをいっぱい書くとするか。

    そーそー、いよいよF1テストはじまっとります。

    新聞やメールなどで、テストの状況を日々たのしくよんどります。

    まぁ、基本的には、日本メインで、見ているわけで、
    とりわけBARホンダをメインで見ているわけで、
    もっといってしまえば、ホンダをメインで見ているわけです。

    今年のF1は、昨年から断るごとにかいとりますが、
    とっても注目することがいっぱいあります。

    日本人として、そんなにF1が好きじゃなくとも楽しめるようになります。

    まず、なんといっても高木虎之助以来の日本人ドライバー今年はエントリーします。

    佐藤琢磨。

    F3のマカオGPのダイジェストみたいなのをちろっと見たんですが、
    いいですねぇ。

    マシンの状態にもよりますが、常にベスト10には入れそうな気がします。

    資金難のジョーダン・ホンダからの参戦なので、
    マシンがどの程度のモノになるのかはなはだ心配で、
    素性は良くても、ネガティブな部分をつぶす作業や、
    ポジティブな試みが行えないとなると、
    一戦ごとに他チームとの差が大きくなっていくわけです。

    その辺のことは、出来ればホンダさんにてこ入れしてもらいたいなぁ、と思っています。

    がんばれ、琢磨!!

    と、皆さん応援しましょう。

    メーカーを応援するよりも、
    きっと感情移入出来るでしょうから。

    さて、いよいよトヨタさんが参戦します。

    トヨタが、ジャパンマネーを大量に投入した、
    外人部隊のトヨタチームが走ります。

    ビックリするくらい、立派なファクトリーをもってます。

    ほんと、金のかけ方だけは、本気です。

    スタッフも金にモノを言わせて、優秀な人材を集めています。

    ちなみに、トヨタさんを悪くいっているわけではありません。

    フェラーリも同じ事をしています。

    金にモノを言わせて、優秀なスタッフをいっぱいイタリア以外の国から集めています。

    そして、金にモノを言わせて、マシンを作っています。

    トヨタも同じ事をしようとしています。

    でも、気をつけないと、F1はヨーロッパの文化です

    トヨタが、お客様で、参加することに意義がある、
    みたいにF1村の人たちに思われているうちは、いいです。

    しかし、これが、金にモノを言わせて勝ち始めと、
    ジャパンパッシングの始まりです。

    F1に対するアイデンティティをもっていないトヨタさんは、
    いっぱいいじめられます。

    それは、F1にアイデンティティをもって参戦しているホンダが勝ち続けたときに受けたホンダパッシングの比ではないでしょう。

    F1活動をたんなる宣伝として参加しているチームですから、
    F1村の人たちは、とっても怒るでしょうねぇ。

    それに、トヨタさんは、しっかりF1活動を通して、
    自動車の販売数をアップするための広報宣伝活動をしっかり行いますから、
    大変なことになるでしょうねぇ

    その辺は、ホンダさんも少しは見習って欲しいですね。

    何しろ、ホンダさんにはプライドがあって、
    F1活動を大々的に活用した宣伝広報を行っていませんからね

    だからF1で勝っても、車が売れないんですよ。

    ホンダは、日本のフェラーリなんだから、
    その辺の所はしっかりやっていただきたい。

    一日でも長くF1の世界にいて欲しいです。

    と、いうわけで、本当にだらだらと長くなってきたので、そろそろ締めます。

    と、いうわけで、今年のF1は、
    佐藤琢磨の参戦があり、
    それもジョーダン・ホンダのチームから、
    そして少しは期待してもいいのかな?と思わせる車になっていると思うBAR・ホンダがあり、
    そして、トヨタさんが一緒に走る。

    昔のF1ブームの時みたいにはいきませんが、
    日本の色が今年は今までよりも多くなっているので、
    F1を知らない人でも充分楽しめる年になりそうです。

    今年のレースを見て、
    F1好きになってくれることを願い、
    次回もF1ネタで、すこしお勉強しましよう。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー