宇宙人東京に現わる 【映画】

    チョーメジャー。

    なにしろ、日本初のカラーSF映画ですからね。

    何しろスタッフに凄い人がいる。

    あの「芸術は爆発だぁぁぁぁ」の岡本太郎氏が、
    ななななななあぁぁぁんと、
    宇宙人デザイン・色彩指導をしているのです。

    いやー、岡本氏が色彩指導するんだから、
    とっても凄いんだろうなぁ。

    な~んて、思ってみたんだけど、
    たいしたことありませんでした。

    でも、時代ですよね。

    色が付いた映画をどう撮っていいか分からないなんて。

    まぁ、たまに、コレは岡本氏の色彩指導のたまものだろうなぁ、
    という部分があるのですが、そんなのはほんのちょっと。

    そーそー、もう一つの宇宙人デザイン。

    これがまた凄いんだ。

    黒く巨大なヒトデ型宇宙人で、星の真ん中に巨大な一つ目。

    サイコーです。

    彼らから見たら、やっぱり地球人は醜い姿らしく、
    地球人に化けて地球に潜入するときなんか「あんな醜いモノになるなんていやだぁぁぁぁぁぁ」と騒ぎ立てるくらい、
    醜いらしいです。

    しかし、この映画、宇宙人侵略の映画かと思っていたら全然違うんですね。

    この、いかにも悪者風宇宙人は、
    じつはとっても良い宇宙人で地球人類に危機が迫っているのを教えに来たらしいのです。

    その割には、ファーストコンタクトが、
    いかにも襲い来たぞー、
    みたいな登場だからなぁ。

    普通、池の中からあらわれるか?

    台所に面した裏庭をこそこそと歩きまわるか?

    突然、宴会しているお店にあらわれるか?

    どー考えても、悪者見参みたいな登場じゃないか。

    まぁ、演出する側としては、みんなに悪者だと思わせて、
    実はとっても良い宇宙人で、
    地球人類の方がとっても悪いんだよといいたかったんだろうけどね。

    あーいう、誤解をさせる演出は、好きになれんなぁ。

    もっと普通にあらわれて、地球人が勝手に誤解して、
    みたいなほうがいいんでないのかな。

    まぁ、時代が時代だからなぁ。

    サラリーマンの宴会が芸者遊びだし。

    いいいなぁ。

    それと、SF映画のくせに全然SFぽくないところがとっても素晴らしい。

    地球の危機がどういうモノなのかは、
    実際に観てもらって知って欲しいのであえて書かないが(たいしたもんでないよ)とある研究所に地下室があり、
    そこに逃げていれば、とりあえずは安心だという地下室があるわけです。

    なのに、なんだ、ありゃ。

    あれじゃ、地下鉄だかなんだかに逃げた方が、
    全然安全じゃないか。

    地下室というほどの地下室じゃないのよ。

    半地下(正式な名称があるんだろうなぁ)で、
    天井付近に窓があって外の様子が見えるようになっている部屋なんですよ。

    よく海外の映画やドラマにでてくる地下倉庫みたいな感じね。

    地上の部屋と地下の部屋とどっちが安全なのか、
    映画をみている限りでは地上の方が安全なんじゃないのと思ってしまう。

    だって、その地下室は、津波が来て天窓から水が進入してきて危うく浸水するところだったし、
    地上と地下の環境的な差はほとんどないし。

    まぁ、えぇ。

    後半は、ほとんど宇宙人でてきません。

    あんなに科学力があるのに、なんの助けにもなってません。

    まぁ、最後にチロッと宇宙人の科学力を見せつけられますが、
    方程式を見ただけで、
    とっても恐ろしいモノだと分かるくらいなら、
    自分たちで作ってしまった方がはえーだろー。

    といいたいし。

    良い宇宙人なら、事前に事を処理してくれててもいいんではないのかな。

    まぁ、それを言ってしまったら映画にならないので、
    いわないようにするけどね。

    まぁ、なんだかんだと最後まで楽しめる映画なので、
    レンタル店で見かけたら借りてみてください。

    とってもメジャーな作品ですから。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF エイリアン

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー