ドリヴン 【2001年製作:映画】

    アメリカのCART(カート)シリーズを題材にした映画。

    元々は、
    F1のそれもアイルトン・セナを題材にしてやりたかったのですが、
    F1の協会からダメだしされて、
    仕方なくCART(カート)シリーズでのドラマとなったわけです。

    良いデスよー、
    この映画。

    F1好きの私としては、
    元F1ドライバーがちょっとずつでてくるし、
    元CART(カート)・ドライバーで現F1ドライバーのモントーヤがでていたり、
    去年引退したジャン・アレジもちょっとでてるし、
    うんうん。

    そんなところばっかり見てしまって、
    と、いうよりそんなところしか見るところがなかったりするわけですが、
    とりあえずいい感じレースシーンがでてくるので私的には、
    充分楽しめました。

    ただ、感動の度合いからいうとトム・クルーズ主演の「デイズ・オブ・サンダー」の方が感動するかもしれませんなぁ。

    はっきり言うと、
    シルヴェスター・スタローンの立場があまりにも中途半端で、
    ある意味出しゃばりすぎだし、
    でるならもっとしっかりとでて欲しいし、
    全てのテンポをシルヴェスター・スタローンがしっかりつぶしてくれているので、
    少々がっかり。

    脇役なら脇役。
    主役なら主役。

    中途半端は、いかんぜよ。

    恋愛ネタのどろどろ三角関係も、
    物語の前半であれほどひっぱといて、
    後半一気に切り捨てるし。

    おいおい。

    って感じです。

    シルヴェスター・スタローンがでているシーンを全て取り除いて、
    再編集しても物語の筋が通る作りなので、
    いかにおじゃま虫かよーーく分かるのです。

    ちなみに、
    シルヴェスター・スタローンのことを嫌いだといっているわけじゃないのよ。

    「ロッキー」大好きだし。

    「ランボー」だって好きだし。

    何度もいっているけど、
    中途半端だからダメだといっているのです。

    思い切って主役にして、
    おじさんドライバーが現役復帰してチャンピオンになるドラマにしても良いし。

    しっかりと脇役に徹してチーム監督の役で、
    今回の映画をチャンピオンと若手ドライバーのレースと恋のデッドヒートでも良いのです。

    いかんなぁ。

    中途半端なのは。

    とっても、
    エンタテインメントしているのにもったいない。

    せっかく本物のレースシーンとレース風景を使って臨場感はサイコーなのにもったいない。

    ふぅ。

    まぁ、リアルな画だけはしっかりと見る価値あるので、
    この映画をみて本物のレースが好きになってくれればいいなぁ、
    とおもう今日この頃。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : レース アクション 恋愛 動画 シルベスター・スタローン バート・レイノルズ エステラ・ウォーレン ジーナ・ガーション

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー