猿の惑星/PLANET OF THE APES 【2001年製作:映画】

    やっとこさ、観たのよ。

    あの「猿の惑星」の衝撃のラストシーンをどの様にリメイクするのか、
    とっても楽しみだった作品。

    まわりに、劇場まで観に行った人がいなかったので、
    な~んの情報も入ってこなくて、
    想像だけで話をしていたのです。

    アレとは違う、という事だけはしっていたのです。

    そして、どーやら「猿の惑星」は、
    地球ではないという話らしいのです。

    ほーー、そうなのか。

    では、どんなラストを用意しているのだ?

    興味津々で見たのですねぇ。

    いやーーー、どーしよう。

    ネタバレにしてもいいのかな?

    あまり、よくないよな。

    しかし、あのラストの話を書かずに、
    どーやってこの場を取り繕えばいいのだろう。

    と、言うことで、ここから先は、
    観たことのある人とラストの結末を知ってしまっても、
    絶対に文句を言わない人だけが、
    読むことを許される領域になります。

    結構、私的には好きなんですよ。

    予測の範囲内なんですけどね。

    スタートからして、すでに違う話なので、
    とっても楽しかったです。

    ただし、年代移行の部分は、旧・猿の惑星に比べて、
    意外とあっさりとした表現で、
    全然年代を意識させない作りをしているのです。

    このあたりが、なんか作為的で好きじゃないんだよなぁ。

    と、言うわけで、宇宙のとある惑星にとばされた主人公は、
    猿が支配する星に不時着するわけです。

    そして、なんだかんだと、
    物語が展開して(細かく書いていくと、めちゃめちゃ長くなるので書きません)
    最後の決戦になるわけですね。

    一発逆転を狙った人類だったが、
    やっぱりパワー負け本能負け、野性味負けで、
    結局窮地に陥りそうになるわけです。

    そこへ登場したのが、冒頭で行方不明になった猿の宇宙ポッドが神の降臨のごとく登場。

    みんな、神様だと思って、へへぇぇ~。

    で、人類と猿は仲良くなって、
    主人公は猿がのってきた宇宙ポッドでウン万分の一、
    いやいや天文学的な可能性の低い賭に出るわけです。

    そして、失敗。

    まぁ、宇宙へ戻ることのできる小型ポッドも凄いけど、
    土星付近(だとおもった)から地球まで帰還できるポッドだから
    、そんなことは、とっても些細なこと。

    アレ?

    地球付近にとばされたんだっけかな?

    いかん、すっかり忘れた。

    まぁ、えぇ。

    そして、地球に戻った主人公を待っていたのは、現代の地球。

    それも、お猿さんが支配している地球。

    なんだ、やっぱりアノ「猿の惑星」は、
    地球だったンジャン。

    パラレルワールドによる世界観の移行という、
    単純な話でもなく、
    アノ惑星は、ちょー大昔の地球なんだね。

    そして、ミッシングリングの仮説をうち立て、
    その可能性のちょっとした位相変化による猿が支配する世界を創造したわけなのね。

    楽しいね。

    この「猿の惑星」、旧め猿の惑星シリーズを一気に、
    最初と最後を作ってしまったような作品なんだね。

    まぁ、私の個人的な感想なので、
    ティム・バートン監督がどう考えているのか知りませんが。

    だから、この「猿の惑星」の続編が作られるとしたら、
    どーして、あんな世界になったのかという話が作られるのかな。

    それとも、アノ世界のその後が語られるのかな。

    それも楽しいな。

    今度は、旧シリーズのように猿が主役になって、
    今作と同じような話で展開して、
    戻ってきた猿は、
    人類の世界という話もいいな。

    楽しげデス。

    と、言うわけで駆け足で、何となく書いてしまって、
    あーだこーだ言いたいことの半分もかけなかったのがちと心残り。

    機会があれば、あーだこーだの部分を書いてもいいな。

    と、言うわけで、言い感じの映画なので、
    ぜひ機会があれば見て欲しいです。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション 動画 ティム・バートン エステラ・ウォーレン ティム・ロス

    コメントの投稿

    非公開コメント

    Re: こんばんは

    コメントありがとうございます。

    > 68'年版を知らずに、この作品を見てしまいましたf^_^;

    そうなんですか。
    もしかしたら意外と知らない人が多いのかも。

    とはいえ、やはり古い映画なので、
    今観ると映像もアイデアも古くさく感じるかも知れません。

    「猿の惑星:創世記」も面白いですよ。

    こんばんは

    68'年版を知らずに、この作品を見てしまいましたf^_^;

    猿との戦争には勝ちましたが、余裕はあまり無かったので、
    レオが最後にやっと地球に降り立った時、猿達に囲まれたのにはゾッとしました(-.-;)

    映像も綺麗で、壮大な世界観に負けずに表現してたと思います。

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー