マルコヴィッチの穴 【1999年製作:映画】

    と、
    言うわけで、
    働き好きの私は、
    さっさっと書いてさっさっと帰るつもりです。

    そんなときに、
    このタイトルもないような気もするが、
    まぁ、
    えぇ、
    でしょう。

    実に、
    私的に、
    とっても好きな作品です。

    もー、
    作品のコンセプトだけでOKな作品です。

    それなりに有名な作品だから、
    名前くらいなら知っている人も多いでしょう。

    そして、
    私のまわりでこの映画を見て、
    面白いと言った人はほとんどいません。

    で、
    たぶんそれが世間一般の反応なんだろうなぁ、
    と思いつつ見たわけですが、
    なんだなんだいけてんじゃん。

    私的にとってもグッドです。

    こんなに、
    イケてる映画は久しぶりですねぇ。

    こんなに、
    真面目にシュールな作品は久しぶりですねぇ。

    おしゃれですねぇ。

    ちと褒めすぎだな。

    絶対、
    普通の人が見たら、
    そんなに面白くないと思うんですよ。

    私以外の人で、
    この映画を面白いと言った人がほとんどいないので。

    あっ、
    もしかして私って、
    少し変?
    パンピーじゃないの?

    もしかして、
    もしかしたら。

    まぁ、
    ほんのちょっと、
    他の人よりも変なくらいで、
    とっても変ではないと思うンですけど。

    どのくらい変かというと、
    最新のマルコヴィッチの鼻毛ほども変じゃないと思うんですよ。

    まぁ、
    えぇ。

    本題に戻ろう。

    この映画、
    最初の方がちと疲れる展開なんです。

    人形劇の話は、
    子供相手に腰振りダンスをやっているところしか笑えないので、
    私もすこしダレダレでした。

    アレは、
    まぁ、
    後半の展開からすると必要だろうけど、
    あそこまで一生懸命見せるほどのもんでもないだろっ。

    ってな感じでして。

    導入に失敗すると、
    みんな寝てしまって、
    せっかく面白い映画なのに最後までちゃんと見てくれないという悲劇になってしまうわけです。

    後半のスリリングな展開は、
    ほーそーきたかー、
    的な話で盛り上がり。

    ついには、
    行き着くところまで行ってしまうという。

    とってもイサギの良い映画です。

    久しぶりに、
    この手のモノでストレートにやってくれたある意味とっても貴重な映画です。

    みんなマルコヴィッチ状態のあのポスター、
    実に素晴らしいでしょう。

    映画もあのまんま素晴らしいのです。

    とっても分かりやすいバカバカしさ。

    ツボにはまれば、
    最後までたのし~く見られます。

    しかし、
    世間の評価はそんなに高くないので、
    ツボにはまってしまった方、
    すこ~し自分が変だということに気がつきましょう。

    大丈夫、
    そんなに心配しなくても。

    ほんのちょっとですから。

    私と一緒で。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : 日常 ファンタジー 動画 キャメロン・ディアス ジョン・マルコヴィッチ チャーリー・シーン ウィノナ・ライダー ショーン・ペン ブラッド・ピット ダスティン・ホフマン

    trackback


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    『マルコヴィッチの穴』(1999) - Being John Malkovich -

    前半はコメディなんですよ。だって7と1/2階にある天井の低いフロアで皆、普通に働いてるんですよ?それにマルコヴィッチへ続く穴。単純に笑える。けれども後半は「え?ホントにこれでいいの?」となり、観終わった後、脱力して虚無感に襲われる。そんな映画です。 ■マルコヴィッチの穴 - Being John Malkovich -■  1999年/アメリカ/112分  監督:スパイク・ジョ...

    コメントの投稿

    非公開コメント

    Re: 世間の評価が良くない?

    コメントありがとうございます。

    > ホントですか(゜o゜;; 世間的には評価が良くないとは。

    まず世間というのは、記事のはじめにも書いてありますが、
    アチキの周囲の人の評価がメインです。

    そして、一般的な部分で言うと、
    興行成績があまり思わしくなかったと聞いています。

    当時、(もう記憶の彼方なので曖昧ですが)日本では、
    一部の評論家には受けていたのを記憶しています。

    海外では、結構な賞レースでノミネートなどされていて、
    ある意味、日本でも期待されていたんですけどね。

    なので、日本人の一般的な感覚では、
    あまり面白いとは思われない映画なのかな、
    と思っての記事の感想でしたね。

    まぁ、その定義で言うと、
    アチキ同様、momorexさんも一般人とは感覚がずれていると言うことですな(^_^)

    それがいいことか悪いことかは分かりませんけど。

    世間の評価が良くない?

    こんばんはー。
    ホントですか(゜o゜;; 世間的には評価が良くないとは。
    私もネクサス6さんのこの記事が書かれた頃に初めて観たんですけど、「なんかヘン。でも面白い」っていう感想でした。
    今回久しぶりに観ましたが、途中まではずっと自分の顔が笑ってるのがわかるんですよねー。で、あーなる頃から「ぅわ」となって、最後まで一気でした。
    でもすごいアイデアですよね。それをそのまま本人使って映画にしたことに拍手を送りたいです。
    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー