ザ・ダイバー 【2000年製作:映画】

    かっくいいいぃぃぃ。

    と、予告を見て思ったわけです。

    ロバート・デ・ニーロさいこー!

    ってね。

    で、実際見てみたわけですねぇ。

    実話を元にしていたんですねぇ。

    予告に出ていたのかなぁ。

    な~んも、
    前知識なしだったから。

    困ったもんだ。

    予告に出ていたとしたら、
    何を見ていたんでしょうねぇ。

    まぁ、えぇ。

    でも、この映画、
    やっぱアメリカ映画ですわ。

    人種問題を、
    ここまでキレイに描けるなんて。

    本当は、もっとどろどろとした話なんだろうなぁ。

    何でもそうだけど、
    はじめの人というのは大変なもんです。

    それが、
    人種差別となると、
    もー大変。

    私自身は、
    アメリカに一人で遊びに行ったときに、
    ちろっと差別されたけど、
    ひどいというレベルではなかったから、
    やっぱ人種差別の大変さというのは、
    知識だけで知っているレベルです。

    そんな、
    私が見てもここに出てくる主人公は、
    やっぱたいした差別をされているようには見えないです。

    もちろん、
    モデルとなった人は、
    とっても大変だったというのは、
    すご~くよく分かっているつもりです。

    やっぱ、
    映画の企画自体が、
    海軍の英雄。

    それもはじめての黒人ダイバーということで描いているので、
    どーしてもヒロイックなドラマ展開のための差別しか見えてこないのがとっても寂しいです。

    片足をなくしたことへの差別よりも、
    人種的な肌の色による差別の方が絶対に大変だったはず。

    だから、
    なんか最後ははぐらかされてしまったようで、
    ちと感動的にはならなかったなぁ。

    で、やっぱロバート・デ・ニーロはかっこよくて、
    シャーリーズ・セロンはキュートで、
    とっても良かったです。

    あとは、まぁ、
    実話なんだという部分を差し引いても、
    こんなモノか、という感じ。

    ちと、男と男の友情に感動してみたい人は、
    見てみるのもいいかもしれませんが、
    まぁ、思っていたよりは感動しないなぁ、
    というのが見終わった感想になるんではないかな。

    まぁ、感動する美しい澄んだ心をもっていない私の意見は無視するのがよろしかろうと思いますです。

    まぁ、人生を語るには映画はあまりにも短すぎるよね。

    やっぱ、つくられたものでないと、
    なかなか短い時間で人生は語れないよ。

    海の男のドラマを見たかったら「グラン・ブルー」を見たほうがいいね。

    エンゾさいこー!!

    おっと、今回は「ザ・ダイバー」の話だったね。

    ロバート・デ・ニーロさいこー!!!










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : ドラマ 伝記 青春 ロバート・デ・ニーロ シャーリーズ・セロン 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー