鉄鼠の檻 【小説】

    相変わらず、読み方の難しい漢字です。

    さて、なんと読むのでしょう。

    答えは、、、、。

    自分で調べてください。

    さて、京極夏彦氏の小説は「姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)」に始まって「魍魎の筺(もうりょうのはこ)」「狂骨の夢(きょうこつのゆめ)」と、
    続いてきたわけですが、こいつは困った。

    今回の「鉄鼠の檻(てっそのおり)」は、
    はっきりいって困った。

    何が困ったかというと、
    「狂骨の夢」の時にも書いたんですが、
    妖しさが微塵もないのです。

    確かに、鈴の存在は妖しい。

    しかし、ほとんど付け足しで、出てこない。

    いかん。いかんです。

    「姑獲鳥の夏」の久遠寺の娘は、サイコーに妖しかった。

    あの娘だったら私もしっかり惑わされるでしょう。

    「魍魎の匣」の箱に入った少女の首。

    サイコーに不気味で妖しい。

    まさに「妖しい」とはこのことです。
    って感じで良かった。

    「狂骨の夢」は、う~ん。やっぱイマイチだなぁ。

    そして、今回の「鉄鼠の檻」は、本当に何もない。

    禅の坊主ばっかりで、
    まぁ、ある意味「あやしい」のだが、
    いかんです。

    コレでは。

    そして、禅の話ばっかりで、
    普通の人はたぶんとっても疲れてしまうでしょう。

    そして、今回はなにもトリッキーなことがない。

    憑き物落としの京極堂も、
    禅僧相手では分が悪いと見えて、
    ほとんど、いつにもまして引っ込んでいます。

    最後の最後に、仕方なく出てきますが、
    やっぱどこか歯切れが悪い。

    その理由は、本文中にも出てくるので詳しくは読んでもらうとして、
    やっぱ、いかんです。

    結局、ここに戻ってしまう。

    妖しくないのはいかん。

    別に淫靡である必要はないのです。

    今までだって、そんなことはなかったのですから。

    確かに心理的外傷の引き金として出てきたりした部分はありましたが、
    それが全てではなかったのです。

    犯人だって、いつものように比較的簡単に想像は出来る。

    そして、たぶんそれは間違っていない。

    こいつなんだろうなぁ、
    と読んでいるうちにやっぱそうかと最後に納得する。

    終わり方も、今までとは違い、何となく終わっている。

    語り部であり主人公でもある関口氏が、
    イマイチの活躍だったのも一つの原因かもしれない。

    陰鬱な内向的幻視的兆候がほとんどなくなってしまったから。

    学習が進み、危険を冒さなくなってしまったから。

    まぁ、のめり込むほど妖しいモノがなかったからなぁ。

    と、不満ばっかり書き連ねましたが、面白いです。

    やっぱ、なんだかんだと面白いです。

    あの分厚い本を一気に読まさせていただきました。

    それほどのおもしろさです。

    で、京極夏彦未体験の方は、
    やっぱ「姑獲鳥の夏」から手をつけてください。

    分量もいい感じですし、
    やっぱあの妖しさをまずは感じて欲しいです。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 推理小説・ミステリー
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : 推理 探偵 妖怪 犯罪 京極夏彦

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー