金魚屋古書店 11巻 【マンガ】

    類は友を呼ぶという言葉がありますが、
    今回の「金魚屋古書店」は、その言葉を強く意識させるエピソードがあります。

    まぁ、基本的に「金魚屋古書店」は、
    漫画が大好きな人たちが登場するので、
    「金魚屋古書店」の存在自体が類は友を呼んでいるんですけどね。

    最初は、イケメン5が出てくるお話。

    これは少女漫画が好きで、お姫様が好きで、
    いつか自分に王子様が現れるのではないかと思ってい女性の話。

    そんなとき、イケメン5に出会うのですが、
    彼女が心ときめいた相手とは。

    そして、次からがきっと複数エピソードで一つのお話になる長編エピソード、
    だと思うお話のスタート。

    高校生男子二人のお話。

    一人は少女漫画に興味はあるけど漫画自体好きではないと思っている男の子。

    もう一人は明るく元気な普通の男の子。

    明るく元気な男の子が妹がダブって買ってしまった少女漫画を友人にあげるわけです。

    そして、その友人は少女漫画を読んで感動してついにはカミングアウト。

    次が、その友人の写真を持っていたオカマバーのママの学生時代の話。

    親友の女の子が好きな男が実は、女の子が好きな漫画のことが嫌いだと言うことを知り大泣き。

    共通のマンガの話題で仲良くなろうと思っていたのが理由。

    そこでオカマのママ(学生時代はただのオカマ)は、
    その男の子の家に行き他に好きな漫画がないかを偵察に。

    すると彼の家には嫌いだと言っていたマンガが置いてあって。

    そして、次が雑誌の創刊当時から読者プレゼントを送り続けている男性のお話。

    その男性の息子の嫁が、オカマのママの学生時代の親友の女の子。

    とまぁ、そんな感じで人のつながりで画がガレ手いる長編エピソードがあって、
    (アチキが勝手に思っているだけだけど)
    その他に、マンガの妖精が登場するファンタジーな話と、
    神戸に作られた「鉄人28号」を見に行く話があります。

    アチキはそれを読んで「鉄人28号」を見に行きたくなりましたからね。

    「機動戦士ガンダム」はゆりかもめから見ただけで満足して、
    「鉄人28号」は嫌いではないですが、
    わざわざ観に行きたいと思うほど好きではなかった。

    しかし「金魚屋古書店」読んで見に行きたくなりました。

    まんまと罠にはまったという感じです。

    自分も罠にはまってみたいと思う人は是非「金魚屋古書店」を読んでみてください。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : マンガ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 日常 ハートフル ドラマ 芳崎せいむ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー