涼宮ハルヒの約束 【プレイステーション ポータブル版】

    涼宮ハルヒのプレイステーション・ポータブルのゲーム「涼宮ハルヒの約束」です。

    「モーションポートレート」というシステムを使用して話題にもなり、
    アチキとしては、その辺の事が気になりプレイしてみることに。

    確かに、「モーションポートレート」の効果は大きかったかな。

    「モーションポートレート」とは一枚の絵から様々な表情を作り出すシステムです。

    2Dのアドベンチャーゲームなんかは特にですが、
    キャラクターの立ち画とかバストアップの画とかが多用され、
    予算の都合上、それぞれのシーンにあった画を用意すると言うことがないのが現状で、
    はじめのうちはいいのですが、
    何度もゲームをプレイしているとその画にも飽きてくるし、味気ない感じになるものです。

    それが「モーションポートレート」のおかげで、
    多少ですが画に動きがあることによって変化が生まれているので、
    飽きやすくはないです。

    これがもっと進歩してくると、
    喜怒哀楽や口パクなんかももっと自然に色んな変化が出来るようになるんでしょうね。

    と言ったシステム的な話は、この辺でやめときます。

    ゲームは、涼宮ハルヒの小説を読んだことがある人ならとても楽しめる内容になっています。

    アニメしか知らないと、
    ちょっと理解できない部分もあるかな。

    物語は、学園祭前日の話です。

    なんか「うる星やつら ビューティフルドリーマー」のような設定だなぁ。

    なんて思いながら、
    涼宮ハルヒ率いるSOS団は自主映画を学園祭で上映するために撮影して、
    そして、編集作業をする事に。

    アニメでも小説でもこの編集作業の模様はちょっとした台詞では語られているが、
    詳しくは描かれていません。

    で、編集を任されたキョンは、
    息抜きという名目の上、学園祭前日の学園をうろちょろとすることに。

    そこには、いつものメンバーがいて、
    いろんな事件?に巻き込まれていきます。

    これが、キチンとフラグを立てていないと日付が進行しないんですよ。

    もう毎日同じ日を繰り返すことに。

    なんか毎日同じ事を繰り返すようなネタが小説にもありましたなぁ。

    あぁ、小説は一日ではなくて一週間くらいを繰り返していたんだっけ。

    まぁ、えぇ。

    そんなわけで、
    アチキは攻略本が必要になりました。

    アニメの声優をそのままキャスティングしているし、
    画もアニメのデザインを使用しているので、
    アニメファンも違和感なく遊べるのではないでしょうか。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : PSP
    ジャンル : ゲーム

    tag : 学園 日常 SF AVG 動画 平野綾 茅原実里 後藤邑子 松岡由貴 杉田智和

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー