風の歌を聴け 【小説】

    村上春樹
    初めて村上春樹の本を読んだのは、「風の歌を聴け」ではなく、
    「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」でした。

    おもしろかったぁ。

    で、今回は「風の歌を聴け」です。
    「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」は、いずれまた今度。

    「風の歌を聴け」は、後にシリーズになります。

    確かデビュー作だったので、このときはそんなことになるとは思ってもいなかったのでしょうが、
    まぁ、とっかかりとしては、さらりと読める良品です。

    片岡義男ぽっいといえば、片岡義男ぽっいかな。

    で、この後は「1973年のピンボール」「羊をめぐる冒険」「ダンス・ダンス・ダンス」と続いていくのよね。

    この一連のシリーズは、結構好きなのよ。

    で、やっぱり最初から読まないとおもしろさ半減だしね。

    主人公とその友人。そして、彼女。
    基本的には、この三人の物語。
    そうそう、ジェイズバーも忘れちゃいけない。

    本と音楽とお酒。

    いつも主人公は、何かものに対して思量深く、偏屈に、ドライに、斜めに、まっすぐに自己完結している。

    村上春樹の本を読むたびに思うんだけど、
    主人公って作者そのものなのかなぁ、
    って気になってくる。

    エッセイなんか読むと顕著に感じるかな。

    不思議な雰囲気を持った小説。

    村上春樹初体験をこの本でしていたらたぶん、
    そんなに好きな作家にはならなかったかもしれない。

    だって「こんにちわ。」なんだもの。

    まぁ、些細なことなんだけどね。
    鼻についていたかもしれない。
    いまでも何となくすわりの悪い気持ちになってしまう。

    当時はスタイリッシュな感覚で受け止められたんだろうけど、
    私は、村上春樹のことを幻想小説作家だと思っている。

    そんなことを感じたのは、
    京極夏彦の「魍魎の筺」を読んでいてなんだけど。
    主人公の一人幻想小説作家の関口先生の作風の話が出いて、
    「あぁ、そうか。村上春樹だな」なんて感じたりしたのよね。

    しかし、薄い。

    本の厚さの事なんだけど。
    「魍魎の筺」の十分の一くらいだね。

    肝心の本の中身はね。
    作者の独り言と、三角関係かな?

    やっぱり基本は、恋愛小説なんだろうか?
    やっぱり男と女の話なんだよね。
    そして、不思議な雰囲気の女性を書くのがとてもうまい。

    「1973年のピンボール」に出てくる双子や、「羊をめぐる冒険」「ダンス・ダンス・ダンス」のキキ。
    最近で言うと「ねじまき鳥クロニクル」のレインコートと帽子の女。

    さてさて、今度は、「1973年のピンボール」のはなしでもしようかね。


    ■どこでも楽しめるKindle無料アプリで、今すぐ読書を始めよう。



    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 読書感想
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : 村上春樹 恋愛

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー