笑わない数学者 Mathematical Goodbye 【小説】

    さて、最近この作者の本しか読んでいません。

    この作者とは、森博嗣氏です。

    「すべてがFになる The Perfect Insider」
    「冷たい密室と博士たち Doctors in Isolated Room」
    に続いて第三巻。

    ちょっとはまってるなぁ。

    で、この第三巻と第四巻を読んでいて思ったんですけど、
    この人の小説って赤川次郎なんだなぁ、と。

    ちょっと無理矢理かな。

    まぁ、なんというか、
    どの部分が赤川次郎かというと犀川&萌絵のコンビが赤川作品に共通する雰囲気を持っているのです。

    以前、赤川氏が本を書くときのポイントとして雰囲気を大切にしていると書いてあるのをどこかで読んだことがあって、
    その雰囲気がうまくかけたのと書けなかった物の話とかもしていたわけで、
    私がそれまでに読んだ赤川氏の作品で雰囲気がうまくいっているのといっていないのを思い浮かべて、
    納得した経緯があったのです。

    で、森氏の作品はちゃんと推理モノのお手本のような作品です。
    (赤川氏のが推理モノではない、と言っているわけではありません)

    今回の「笑わない数学者 Mathematical Goodbye」も、
    ネタ的にはめちゃめちゃ早い段階で「消えたブロンズ像」の事はだいたいわかり、
    殺人犯もこいつだなと思ったヤツがやっぱり犯人で、
    楽しく読めたわけです。

    でも、不思議とどうやって犯行が行われたのか、
    という所をあまり考えなかったなぁ。

    だから作中で「消えたブロンズ像」の謎さえ解ければ殺害方法も犯人も分かる、
    と言われたときに「あっ!」と思ったわけで、
    それまでは全然考えていなくて、
    その時はじめて一生懸命考えたわけです。

    本の巻頭にある見取り図を見ながら。

    で、その時に思ったのが、
    読みながら考えていないと肝心なことが分からないと言うこと。

    物語を思い出しながら考えても全然ダメだということをつくづく思い知ったわけで。

    なにも私が年で細部まで思い出せない、
    なんて事はどこか遠いところにおいといて、
    いちいち犯行があった前後を斜め読みしないといけない。

    ふぅ。

    いやー、なかなか面白かったです。

    ただインパクトがなぁ。

    まだ一作目のほうがインパクトはあったなぁ。

    でも、推理よりも、なんて書くと失礼だが、
    最近の楽しみは、犀川&萌絵のS&Mコンビのサドマゾの関係にとっても興味があり、
    楽しく読んでいるわけで。

    この二人は、最終的にどーなってしまうのだろうと。

    それが知りたくて、読み進めている感じです。

    で、全然小説の中身には触れていないような気もしますが、
    あまり触れるとネタバレになりそうだし、
    コレは推理小説だから、面白い部分とはすなわち推理することであるから、
    何はなくとも読まなければ始まらないわけです。

    と、いうわけでまずは読んで頂戴。

    面白いよ、ホント。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 推理小説・ミステリー
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : 推理 犯罪 森博嗣 S&Mシリーズ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー