月世界征服 【1950年製作:映画】

    1950年制作の映画です。

    昔のSF映画ですね。

    に行くと言うだけで空想物語として成立していた時代です。

    このあと20年弱で人類は本当にに行くわけです。

    当時としてはどころか宇宙に行くのさえ一般の人にとっては夢みたいな話だったわけで、
    火星人はタコのような生物だったし、
    金星人はどんな姿だったか知りませんが、
    まぁ、太陽系には人類以外の生物が存在すると信じていた人たちがいっぱいいたであろうと創造する時代です。

    ある意味、夢はあったよねぇ。

    そんな中で、
    この「世界征服」は、
    限りなくリアリティを持って作ろうとしている姿勢が素晴らしいです。

    当然、
    今観るとちゃんちゃらおかしい設定ばかりですが、
    当時としてはよく考えていると思います。

    何しろ、この時代の宇宙AFモノと言えば、
    先にも書いたように荒唐無稽なSFエンタテインメントがほとんどでしたからね。

    それはそれで楽しいので好きなんですけど。

    この映画は、
    真面目ににいって帰ってくるだけの映画です。

    まぁ、多少のトラブルはあったりしますが、
    変な宇宙人とかは一切出てきません。

    どちらかというとヒューマンドラマ的な展開を見せたりするんですな。

    Sf的な話なのにに行くだけの話なんてたいして盛り上がりがないようなつまらない映画のように感じますが、
    これがどうして、
    結構、最後まで楽しく観ることが出来るんですよ。

    それもそのはず。

    この映画の原作はロバート・A.ハインラインなんですね。

    SF小説作家の大御所ですよ。

    最近だと「スターシップ・トゥルーパーズ」の原作者と言った方がわかりやすいかもしれませんな。

    とは言っても原作の小説をアチキは読んだことがないんだけどね。

    だから何処まで映像化されているか知りません。

    後、はじめから映像的にショボいだろうとか、
    設定なんかもたいしたことないだろうと思っているからかもしれませんな。

    古き良き時代とまでは言いませんが、
    この時代の映画というのは色んな意味で夢と希望と情熱があったよなぁ。

    興味があったら是非ご覧ください。

    結構、新鮮に見えて楽しめると思いますよ。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF ロケット ロバート・A・ハインライン 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー