F1 2002 Round.8 カナダGP

    ジル・ビルヌーブ・サーキット。

    そう、ここカナダグランプリの開催するサーキットは、
    現在BARホンダのドライバーである、
    ジャック・ビルヌーブのお父さんの名前が付いたサーキット。

    このグランプリにBARホンダは、
    ニューエンジンとニューシャーシを持ち込んで、
    全面的にジャックをバックアップ。

    元ワールドチャンピオンのドライバーの機嫌を取るために万全の体制。

    おかげで予選ではジャックくん9位をゲット。

    見てないんだよねぇ。予選。

    面白そうだったなぁ。

    予選結果を見て、
    おー、いよいよホンダの反撃が始まったかー。

    と、思ったんですけど、
    佐藤琢磨が乗るマシンが予選で派手にエンジンブロー。

    おいおい。

    こりゃ、ちと心配だぞ。

    と、思いながら決勝レース

    最近絶好調のフェラーリ・バリチェロが、
    早々に予選一位のウイリアムズ・モントーヤをパスして、
    快調にレースをすすめていきます。

    さてさて、
    我らがホンダ勢は、なんかパッとしないスタートで、
    まぁ、順当という感じ。

    しかし、いきなりBARホンダのジャックくんがスローダウン。

    エンジンから煙も火も見えていないので、
    駆動系か油圧系ないしは電気系のトラブルの模様。

    残念だねぇ。

    一度、ジャックくんは川崎大師でお払いしたほうがいいよ。

    それ以外のホンダ勢はすべて完走しているんだから。

    まさに不運。

    かわいそうに。

    久々にジャックのアグレッシブなドライビングが見れるかと思ったのに。

    それにしても、なんでBARはあんなにリアウイングを立てていたんだ?

    謎だ。

    リアのトラクション不足か?
    それ以外に考えられない。

    このサーキットで、
    あんなにウイングを立てないといけないなんて、
    思っていたよりシャーシの出来がよくないのか?

    確かにストップアンドゴーのサーキットなのでブレーキング時のスタビリティとか、
    リアを立てた方がいいの分かるけど。

    ストレートの割合を考えるとねぇ。

    うーーーん、情報が不足してるなぁ。

    琢磨のマシンは前後のバランスが悪そうで、
    コーナーの突っ込みでマシンがふらつくことが多かったから、
    あの順位で完走できたのはとってもよかったのではないかな。

    逆に5位でフィニッシュしたフィジケラの方ができすぎって感じです。

    それにしてもフェラーリ・シューマッハはスゴいね。

    八戦終わって、七回優勝。

    びっくり。

    一つはバリチェロにもらった勝利だとしても、
    こいつは、もーいかんです。

    だれか、止めろよ。

    誰かというより、
    モントーヤよ、がんがんいっちゃってよ。

    あちき好きなんだけどなー、モントーヤの走り。

    今回も、いいところまでいってマシントラブルでリタイヤ。

    次こそは、表彰台の真ん中に食い込んで欲しいね。

    トヨタは、前回のモナコに続いて、全滅。

    改めてF1の厳しさを体感していることでしょう。

    今までが、ちょっと出来過ぎって感じでしたから。

    あのままの調子で最後までいっていたら、
    本当にスゴいチームだと、
    褒めようと思っていたのに。

    やっぱり、F1です。

    そーそー、簡単ではない。

    ホンダが復調の兆しを見せてきたんだから、
    トヨタさんももう一踏ん張りですよ。

    でも、まぁ、最後に勝つのはホンダなんだけどね。

    トヨタも、もっとじゃんじゃん金使わないと、ダメだよ。

    それしかないんだから、トヨタがF1で勝つことが出来るのは。

    フェラーリの10倍くらい金を使わないと。

    勝てないよ。


    2002 Canadian Grand Prix

    Pos_No________Driver_____________Team______Laps_Time/Retired_Grid_Pts
    11Michael SchumacherFerrari701:33'36.111210
    23David CoulthardMcLaren-Mercedes70+1.132s86
    32Rubens BarrichelloFerrari70+7.082s34
    44Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes70+37.563s53
    59Giancarlo FisichellaJordan-Honda70+42.812s62
    614Jarno TrulliRenault70+48.947s101
    75Ralf SchumacherWilliams-BMW70+51.518s4
    812Olivier PanisBAR-Honda69+1 Lap11
    98Felipe MassaSauber-Petronas69+1 Lap12
    1010Takuma SatoJordan-Honda69+1 Lap15
    1123Mark WebberMinardi-Asiatech69+1 Lap21
    127Nick HeidfeldSauber-Petronas69+1 Lap7
    1320Heinz-Harald FrentzenArrows-Cosworth69+1 Lap19
    1422Alex YoongMinardi-Asiatech68+2 Laps22
    1515Jenson ButtonRenault65Gearbox13
    Ret6Juan Pablo MontoyaWilliams-BMW56Engine1
    Ret25Allan McNishToyota45Spin20
    Ret16Eddie IrvineJaguar-Cosworth41Overheating14
    Ret24Mika SaloToyota41Brakes18
    Ret17Pedro de la RosaJaguar-Cosworth29Gearbox16
    Ret21Enrique BernoldiArrows-Cosworth16Suspension17
    Ret11Jacques VilleneuveBAR-Honda8Engine9












    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー