F1 2002 Round.10 イギリスGP

    ひゅーひゅー。

    やっと、BARホンダが入賞しました。

    それも、二台揃って。

    良かった良かった。

    と、とりあえずポイントがとれたことには、
    素直に喜びたいです。

    だからといって、
    BARが常にポイント圏内を走れるポテンシャルを持っているとは、
    到底思えない。

    残念です。

    今回は、ブリヂストンのおかげ。

    ブリヂストン様々です。

    雨のイギリスGP
    と言っても中途半端な雨のおかげで、
    中途半端な雨の時に走るタイヤの出来が、
    そのままレース結果に結びついた感じ。

    なんたがよく分からない書き方だな。

    日本語書けよ、日本語。

    と、いうことで、ちょっと専門的な話。

    レースには、通常二種類のタイヤが用意されます。

    この二種類というのは、
    ドライ用のタイヤが二種類用意されているということです。

    たいがい、コンパウンドが堅いのと柔らかいモノが用意されます。

    それとは別に、雨が降った時のためにレイン用タイヤが常に各レース場に持ち込まれています。

    で、昔はレイン用は一種類しかありませんでした。

    でも、今は二種類あります。

    いっぱい雨が降った時のレイン用タイヤと、
    ちょっとしか雨が降っていないとき用のレインタイヤの二種類です。

    で、今回のレースと言うより、
    毎回なんですが、
    この中途半端な時のレイン用タイヤの出来が、
    ブリヂストンとミシュランでは全然違うのです。

    おかげで、
    ミシュランを履いて走っているウイリアムズとマクラーレンは、
    ブリヂストンを履いているフェラーリに、
    まったく歯が立ちませんでした。

    それどころか、BARにさえ勝つことが出来なかった。

    まさに、今回のグランプリは、
    ブリヂストン対ミシュランというタイヤ戦争がとっても分かりやすく展開されレースでしたね。

    何しろ、
    ウォームアップランのスタートが出来なかったフェラーリ・バリチェロが、
    最後尾からスタートして結果は二位。

    それもコレもブリヂストンのおかげ。

    一位は、余裕とも思えるような走りで、
    フェラーリ・シューマッハ。

    ちなみに、我らが琢磨くんはエンジンブローでリタイヤ。

    ちなみに、トヨタも二台ともリタイヤ。

    予選は速かったんだけど、
    決勝で失敗した、とってもかわいそうなチーム。

    でも、結果がすべてなのよ。

    今回は、本当にレースがめちゃめちゃで初めてF1を見た人がいたら、
    とってもかわいそうなくらい何が何だか分からないレースだったろうなぁ。

    私は、楽しめたけどね。

    さーて、BARも運が向いてきたということで(たぶん…)次からとっても楽しみですねぇ。

    たぶん。


    2002 British Grand Prix

    Pos_No________Driver_____________Team______Laps_Time/Retired_Grid_Pts
    11Michael SchumacherFerrari601:31'45.015310
    22Rubens BarrichelloFerrari60+14.578s26
    36Juan Pablo MontoyaWilliams-BMW60+31.661s14
    411Jacques VilleneuveBAR-Honda59+1 Lap93
    512Olivier PanisBAR-Honda59+1 Lap132
    67Nick HeidfeldSauber-Petronas59+1 Lap101
    79Giancarlo FisichellaJordan-Honda59+1 Lap17
    85Ralf SchumacherWilliams-BMW59+1 Lap4
    98Felipe MassaSauber-Petronas59+1 Lap11
    103David CoulthardMcLaren-Mercedes58+2 Laps6
    1117Pedro de la RosaJaguar-Cosworth58+2 Laps21
    1215Jenson ButtonRenault54Wheel12
    Ret10Takuma SatoJordan-Honda50Engine14
    Ret4Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes44Engine5
    Ret14Jarno TrulliRenault29Electronics7
    Ret21Enrique BernoldiArrows-Cosworth28Driveshaft18
    Ret16Eddie IrvineJaguar-Cosworth23Spin19
    Ret20Heinz-Harald FrentzenArrows-Cosworth20Engine16
    Ret24Mika SaloToyota15Drivetrain8
    Ret23Mark WebberMinardi-Asiatech9Clutch20
    Ret25Allan McNishToyota0Clutch15
    DNQ22Alex YoongMinardi-Asiatech










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー