ジュラシック・パーク III 【2001年製作:映画】

    お約束通りのネタです。

    たのしいでげすよー。

    結構、
    巷では酷評されていたので、
    最近までなかなか手が出なかったんですけど。

    面白いじゃないですか。

    良くできてますよ。

    三作目ということで、
    一作目よりもパワーは落ちていますが、
    それでも展開としてはなかなか良くできています。

    今回の主人公は、
    一作目のアラン・グラント博士(サム・ニール)になります。

    この辺の主人公の交代劇がうまいですねぇ。

    まったく新しい人物を出すことも可能なのに、
    良い感じで展開しています。

    だんだんシリーズを重ねる毎にリアル・ワールドとして、
    恐竜島を登場させているのが良いです。

    あんな島があったら、こうなるだろうとか、
    というのを一生懸命考えて作られていますね。

    あくまでもエンタテインメントなので、
    短い時間でアクション映画のノリで作られているのもグッドです。

    もう、恐竜はいるんだから恐竜と人間との、
    いやいや自然世界と人間との関わり合いなんていうドラマはうるさくなるので、
    ばっさり切り捨てているのが良いですね。

    何の感動もありませんが、
    見ていて楽しいという基本はしっかりと抑えてあるのがとってもいい。

    そして、
    スティーヴン・スピルバーグの作品では珍しく、
    わたし好みの女優さんもでてきたし。

    良いよねぇ。

    やっぱ、華は必要ですよ。

    新種の恐竜を登場させるのに苦労しているみたいですが、
    もう何でもアリでしょ。

    鳥かごから飛び出してしまったって、
    いやいや鳥かごの存在すらもう何でもOKです。

    楽しければ。

    そこに恐竜がいるというだけで、
    素晴らしいじゃありませんか。

    そーそー。

    恐竜と言えば、
    恐竜のデザインが変更されています。

    これは、
    とある本物の学者さんがとなえた学説で、
    恐竜はあんなに地味じゃない、と。

    その学説が気に入ったのか、
    早速映画に反映させているあたり、
    スティーヴン・スピルバーグがこの映画をどういう位置づけで作っているのかがよく分かりますなぁ。

    可能ならば、
    CGではなく「本物」を使いたいくらい何でしょうなぁ。

    いいよねぇ、夢があって。

    だからこのシリーズ好きなんだなぁ。

    物語なんて、
    あるいみどうでも良いのです。

    へんに哲学的なドラマでなければ、
    エンタテインメントであるならば、
    それでいいのです。

    このシリーズは、
    三本まとめて一気に見ても疲れません。

    この調子で、
    四作目、
    五作目と作って欲しいなぁ。

    もしかしたら、
    恐竜について新たな発見がなければ作らないかもしれないなぁ。

    とっても楽しみだなぁ。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF パニック 恐竜 アクション 動画 スティーヴン・スピルバーグ マイケル・クライトン サム・ニール ローラ・ダーン

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー