新海底軍艦 【アニメ】

    アニメです。

    実写の「海底軍艦」よりも、ある意味自由度は高いです。

    表現の部分でね。

    話の大筋というか、コンセプトは「海底軍艦」とほとんどかわりません。

    もっとも違うところは、
    実写じゃないこと、
    なんて言いません。

    海底軍艦「羅号」の存在意義かな。

    前作?旧作?の海底軍艦は、
    いつかアメリカを見返してやるために作った潜水艦。

    今回は、初めから「地底人」の驚異から地球を守るために作られていること。

    なので、話がある意味とってもシンプルです。

    そして、時代背景が近未来になっているし、
    超兵器としての設定も人類のモノではなくなっているし。

    宇宙戦艦ヤマトの波動エンジンと一緒だね。

    外からあたえられた技術を使って作られているのです。

    それも、敵である「地底人」の科学技術。

    ちなみに、今回は「ムー」という言葉が出てきていません。

    でも、地底人の格好は「ムー」を意識しているのは間違いないですね。

    すげー、恥ずかしい格好だもん。

    で、まぁ、アニメだし比較的最近の作品なので「羅号」のデザインは、かっこいいです。

    実写の海底軍艦もシンプルでかっこいいのですが、
    コレはコレでなかなか良いです。

    物語のスタートが第二次大戦という設定をいかして、
    デザイン的にも当時の帝国海軍的なノリを入れているあたりが良いですね。

    アレが、最新鋭の兵器として現代で作られたという設定のデザインだと、
    ちょっと「おいおい」と突っ込みたくなりますなぁ。

    で、まぁ、アニメと言うことで、
    特撮の苦労がないのでバンバン、ガンガン、海底軍艦が活躍します。

    それこそ、宇宙戦艦ヤマトみたいに主砲でどかーーんといった感じです。

    しかし、ビデオ二巻という尺の問題で、
    戦闘シーンよりも、
    やはりストーリーを分からせるためのドラマシーンが多くなっております。

    悪くはないです。

    分かりやすいし。

    子供が見ても、ある程度理解できる内容だし。

    やっぱり、元が子供向けというのが良かったのかなぁ。

    ただ、もうちっと対象を上げた「海底軍艦」というのも見てみたい気がするなぁ。

    ハードにね。

    実写とアニメ、
    どっちがオススメかというと、
    どっちもです。

    なので、自分の肌にあった方を見てくださいな。

    それなりに満足できると思いますです。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : OVA 海洋 SF 安彦良和 岩男潤子 井上喜久子 関智一 井上和彦 大塚周夫 塩沢兼人

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー