空飛ぶゆうれい船 【アニメ:映画】

    石ノ森章太郎氏の短編マンガ「ゆうれい船」が原作の劇場公開作品のSFアニメです。

    60分という長編とは言えない尺ですが、
    尺以上に中身の濃い作品です。

    残念ながら原作のマンガは、
    今、アチキの知る限り手に入らないので、
    この「空飛ぶゆうれい船」を観て、漫画も読みたいと思っても叶わないのが実に寂しいです。

    さて、内容の方ですが、
    ドリンク一本で世界屈指の巨大企業になった黒潮コンツェルンの船が謎の沈没を事件が頻発。

    この事件にたまたまかかわってしまった主人公滝隼人は、
    黒潮コンツェルンの船を沈めているのが空飛ぶ幽霊船であることを知り、
    戦おうとするが、、、。

    さて、これ以上書くとネタばれになってしまうので内容については書きません。

    ドリンク一本で巨大企業って、
    当時ではコカ・コーラの事なのかなぁ、
    なんて思いながら観ていましたね。

    ボワジュースを飲んでいた人間の身体が溶けてなくなってしまう設定って、
    昔、コカ・コーラを飲んでいると骨が溶けてしまうと言う話があったのを思い出してしまいました。

    今ならレッドブルなのかなぁ。
    (骨が溶けると言うことではなくて、ドリンク一本で世界企業というイメージの話ね)

    この作品で結構有名なのが、
    若かりし頃の宮崎駿氏がスタッフとして参加していたこと。

    特に、街中を戦車が走り回って戦うところとかは、
    後に宮崎駿氏が「新・ルパン三世」の最終回「さらば愛しきルパン」で、
    新宿の街を戦車が走り回るシーンで再現したと言われています。

    とはいえ、昔の作品と「さらば愛しきルパン」の時では作画のクオリティとか全然違うけどね。

    世界征服を企む悪の親玉が巨大ロボットを派遣して街をめちゃめちゃにするのですが、
    この巨大ロボットがカニだったりするのは、
    実に昔ならではって感じです。

    今観ても十分鑑賞に堪えられる作品なので、
    是非、レンタル屋とかに置いてあったらご覧ください。

    大人が観ると、
    結構、風刺が効いているので楽しく観られると思いますよ。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF ロボット 石ノ森章太郎 野沢雅子 納谷悟朗

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー