鮫肌男と桃尻女 【1998年製作:映画】

    昨日が韓国。

    今日は日本。

    あしたは、、、、わっかりませぇぇぇん。

    まぁ、
    とりあえず「鮫肌男と桃尻女」の話でも。

    面白いです。

    日本的と言ってしまえば日本的ですが、
    このノリは結構好きです。

    私は先に「PARTY7」を見たので、
    当たり前ですが、
    抵抗なくこのノリについていけました。

    でも、
    どうせ見るなら「鮫肌男と桃尻女」を先に見てから「PARTY7」を見たほうがいいな。

    物語は、
    結構いきなりわけの分かんないまま進んでいきます。

    状況が理解できるようになるのは、
    見始めてからそれなりに物語が進んでから。

    それでも、
    置き去りにされている感覚は、
    きわめて少ないです。

    個性的なキャラクターが、
    勝手気ままに暴れているので、
    あまり物語を意識しないからかもしれないけど。

    なかでも若人あきらが色物のトップとして君臨しているのだが、
    こいつが意外と良いんだ。

    本当に色物かと思ったら、
    ちゃんと重要な役で物語にしっかり絡んでいて、
    最後はすすじゃんいいじゃんってな感じで終わるんですよ。

    コレで、
    ぱっぱらぱーなハッピーエンドだったらもっと良かったのに、
    と思うのは贅沢ですかね。

    こいつは、
    ちょっとだらだらとした時に見ると良いかも。

    「楽しいじゃん、コレ」ってな感じになるよ。

    きっと。

    あちきがそうだったから。

    なので、
    みんなもそうなるとおもっているあちきってちょっと偉大?

    ??

    偉大? 医大?

    何台?

    なんだい?

    そりゃ。

    ちちち。

    ばかな事ばっかり書いていると、
    また読者減るな。

    別に良いけど。

    おっと、
    映画映画。

    映画の話。

    「鮫肌男と桃尻女」の話。

    最初のシリアスとコミカルのバランスが、
    後半まで同じトーンできていたらもっと違っていたのに。

    面白いけど、
    100%満足じゃなかったなぁ。

    残念。

    面白かったのに。

    みんなにも見て欲しいのに。

    そうそう、
    何度も言ってしまうけど、
    ちゃんと「鮫肌男と桃尻女」を最初に見るように。

    そして、
    つぎに「PARTY7」を見ましょう。

    二本とも面白いから。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 邦画
    ジャンル : 映画

    tag : ドラマ 犯罪 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー