F1 2002 Round.17 日本GP

    すごーーーい。

    とってもすごーーーい。

    佐藤琢磨が予選で7位。

    すごい。

    そして、決勝で5位!!

    すごーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい。

    コレがどのくらいスゴいことかというと、
    中島悟の決勝4位に匹敵するくらいスゴいことです。

    アグリくん?

    あぁ、アレは、まぁ、スゴいですけどね。

    ただ一人の日本人三位表彰台のドライバーですから。

    中島悟くんは、
    一位から四位までをホンダエンジンのマシンが独占した時の四位。

    フロックではなく、実力での四位。

    もちろん、マシンがとっても素晴らしいので、
    その順位は、ある意味妥当だと思うし、
    悟くんの前を走っていた三人は、
    すべてワールドチャンピオン・ドライバーだったりなった人ですからね。

    スゴいことです。

    おっと、今回は琢磨くんですね。

    琢磨くんも、トップ三チームの次ですからね。

    実力でもぎ取った予選七位。

    トップチームの二台がこけて五位。

    でもね、マシンのレベル的には、ルノーよりも出来悪いし。

    もっといってしまえば、ザウバーよりも悪い。

    もっともっといってしまえば、
    後半のモデファイされたジャガーよりも悪い。

    まぁ、BARとはドングリの背比べで、
    若干ジョーダンの方が良いかな。

    と、いうレベルでの順位ですからね。

    マシンのポテンシャル以上のパフォーマンスは見せてくれたということです。

    なにしろフィジケラよりも好タイムだったわけだからね。

    まぁ、フィジケラはちょっと苦戦していたかな。

    セッティングもいまいちみたいだったし。

    でも、決勝はハラハラドキドキだったなぁ。

    ホンダエンジンが、つぎつぎとブローしていくんだもん。

    あちゃー、今度は琢磨か、、。

    なんて思ってみていました。

    でも、今シーズンのバッドラックはすべて使い果たしてきた琢磨くんだったから、
    何事もなくチェッカーを受けることが出来てとってもハッピーでしたね。

    そうそう、ホンダの話。

    ここ数レースエンジンを派手にぶっ壊しているホンダですが、
    わちしは全然悲観していません。

    むしろ好材料といった感じです。

    ホンダが本気でエンジンに手を入れているということだからね。

    第二期ホンダF1参戦時もホンダは、
    当初エンジンをばかすか壊していましたからねぇ。

    極限まで手を入れて開発スピードをアップさせている証拠です。

    目標値まで一気に駆け上がろうとしているわけです。

    来年、再来年がとっても楽しみですねぇ。

    もちろん琢磨も楽しみです。

    そうそう。

    あのワールドチャンピオンのシューマッハも、
    勝利者インタビューで、
    異例ともとれるコメントをいっていました。

    これは、ちょっと驚きです。

    ちょっと感動したし。

    それほど、鈴鹿は琢磨で盛り上がっていたということでしょう。

    行きたかったなぁ。


    2002 Japanese Grand Prix

    Pos_No________Driver_____________Team______Laps__Time/Retired_Grid_Pts
    11Michael SchumacherFerrari531:26'59.698110
    22Rubens BarrichelloFerrari53+0.50626
    34Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes53+23.29244
    46Juan Pablo MontoyaWilliams-BMW53+36.27563
    510Takuma SatoJordan-Honda53+1'22.69472
    615Jenson ButtonRenault52+1 Lap101
    77Nick HeidfeldSauber-Petronas52+1 Lap12
    824Mika SaloToyota52+1 Lap13
    916Eddie IrvineJaguar-Cosworth52+1 Lap14
    1023Mark WebberMinardi-Asiatech51+2 Laps19
    115Ralf SchumacherWilliams-BMW48Engine5
    Ret17Pedro de la RosaJaguar-Cosworth39Transmission17
    Ret9Giancarlo FisichellaJordan-Honda37Engine8
    Ret14Jarno TrulliRenault32Mechanical11
    Ret11Jacques VilleneuveBAR-Honda27Engine9
    Ret22Alex YoongMinardi-Asiatech14Spun off20
    Ret12Olivier PanisBAR-Honda8Mechanical16
    Ret3David CoulthardMcLaren-Mercedes7Throttle3
    Ret8Felipe MassaSauber-Petronas3Accident15
    WD25Allan McNishToyotaInjury18










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー