GO 【映画】

    「GO」です。

    直木賞をとった小説の映画です。

    原作読んでいません。

    映画は、評判が良かったので見ました。

    どうも日本の受賞作品って、
    イマイチピンとこないから積極的に読もうとしないんだよね。

    ファン投票とかの賞は、結構参考にするんだけど。

    たとえそれが偏った組織票によるものでもね。

    と、いうことで原作を知らない人が見た「GO」の感想です。

    いやー、この映画「ウォーターボーイズ」を見た後に続け見たんですよ。

    で、「ウォーター・ボーイズ」はDVD欲しいと思ったけど、
    「GO」は欲しいと思わなかったなぁ。

    コレって、平山あやちゃんと柴咲コウの差かな?

    ンなわけないわけで、
    作品的にもう一度見てみたいなぁ、
    思うか思わないかの違いで、
    それってやっぱりもう一度平山あやちゃんを見たいか、
    柴咲コウを見たいかの差かな?

    ンなわけないわけで、明るいか暗いかの違い?

    と、いうわけで「GO」は、在日韓国人の話。

    でも、お父ちゃんは北朝鮮の人です。

    ちなみに北朝鮮の人は、
    日本が国と認めていないので「国籍」を持つことが出来ないのです。

    なので、北朝鮮の人は、
    結構「韓国」の国籍を取得する人が多いと聞きます。

    映画でもお父ちゃんが「韓国」国籍を取得するシーンがあります。

    その辺の事情を知っていると、
    あのシーンもその後の話も結構理解しやすくなるんではないかと。

    まぁ、最近、ニュースでいっぱい「北朝鮮」の話が出ているので、
    それらのことを今更ながらに知った人も多いことでしょう。

    と、いった具合に、
    どうしても話が暗い方向になってしまうんですよねぇ。

    原作がどうだか知りませんが、
    どうしても「恋愛についての物語」というのが、
    しつこくてとってもたまりませんでした。

    どうせ使うならシリアスな部分に使わないで欲しかったなぁ。

    とってもお馬鹿やっていて、
    とってもお馬鹿な時に、
    とってもお馬鹿な感じで使って欲しかった。

    面白かったんだけどね。

    青春恋愛映画にするつもりなら、
    もう少し考えても良かったかも。

    「人種問題、そんなのかんけいねぇよっっっ」
    と、いっているのか
    「人種問題、真剣に考えてくれよっっ」
    と、いっているのか、全然わかりませんでした。

    人種問題に悩まされながらも、
    ひたむきに「青春」している主人公の物語というのは、
    わかるけど。

    わたしがお馬鹿だからなのかな。

    まぁ、いいか。

    映画もいっぱいいろいろな賞を取っているので、
    見てみてください。

    何にも考えずに見た方が、
    たぶんとっても良く理解できるのかもしれないなぁ。

    ボケーと見られればだけど。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 邦画
    ジャンル : 映画

    tag : ドラマ 青春 宮藤官九郎 柴咲コウ 大竹しのぶ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー