F1 2009 Round.6 モナコGP

    F1ファンなら一度は見に行きたいグランプリの一つモナコGP

    昔ながらの公道サーキットで、
    モナコだけの特例ルールが存在するくらい、
    特別なGPなのです。

    そこまでして、F1カレンダーの中に組み込まれるモナコGPは、
    TVを通してさえ、何か特別な雰囲気が味わえたりします。

    そして、今回のグランプリでもっとも注目を浴びたのは、
    やはりブラウンGPでしょう。

    このモナコでの勝てるのか?

    木曜、土曜日のフリー走行を見ている限りでは、
    なんかやばそうな感じだった。

    入賞は出来そうだけど、
    優勝で気のかな?って感じです。

    特に、モナコで大切なフロントロー含む、3位グリッドまでに並べられるのか?
    と言うこと。

    何しろ、フェラーリやマクラーレンが良い感じで仕上がってきて、
    これに一発では定評のあるレッドブルのベッテルや、
    バクチを打つのが大好きなルノーのアロンソとか、
    一発の速さでポールポジションをとってしまおうという輩が結構いたりする。

    で、予選。

    驚いたことにブラウンGPのバトンがポールポジションですよ。
    それも、予選の通過タイムがどんどん良くなっているというおかしな状況。

    Q1とQ2までは、それも分かる。
    しかし、Q3は決勝のための燃料を積んでのタイムアタックだから、
    基本的に、そして、常識的にQ2よりQ3のタイムが良くなることはない。
    まぁ、Q2のタイムが全力で走れないなど、
    本来の力を出すことなく終わっていればそんなこともありそうだが、
    まぁ、ほとんどそんなことはないよね。

    そして、決勝では1つポジションをあげたチームメイトのバリチェロを従えて、独走。

    タイヤに優しいドライビングのバトンは、
    スーパーソフトでもほとんどタイヤがたれることなく逃げ切り、
    タイヤのダメージが早く訪れたバリチェロにたいしてどんどん間隔を広げていって、
    もう前半だけで何事もなければ優勝確実のポジションに躍り出てしまいました。

    結果、そのままバトンが逃げ切り、
    今シーズン5勝目。

    優勝慣れしていない初々しさがあって非常に好感が持てます。

    ウイニングランのあとにマシンを置く場所間違えてモナコ国王が抹表彰台まで走っていったり、
    表彰式のあと国王ファミリーみんなに挨拶して回ったり、
    観ていてとてもほほえましかったです。

    そして、勝利者インタビューでも早くチームの元に戻ってどんちゃんやりたいなんて言っていたり、
    今年はバトンにワールドチャンピオンになって欲しいなぁ、
    なんて思ったりしました。

    ただ、フェラーリやマクラーレンもスピードをつけてきているので、
    どうなるか分かりませんが。

    まぁ、今回はマシンのパフォーマンスをみるのには、
    あまり適していないので、
    次回のトルコではもっとハッキリと各チームのパワーバランスも見えてくるでしょう。

    プライベータのブラウンGPがどこまでがんばれるか、
    とっても楽しみです。



    決勝結果
     
    順位No.ドライバーチームトータルタイム周回平均速度 (km/h)最高位
    122ジェンソン・バトンブラウン・メルセデス1:40'44.28278155.1661
    223ルーベンス・バリチェッロブラウン・メルセデス1:40'51.94878154.9702
    34キミ・ライッコネンフェラーリ1:40'57.72478154.8221
    43フェリペ・マッサフェラーリ1:40'59.39278154.7792
    514マーク・ウェーバーRBRルノー1:41'00.01278154.7642
    616ニコ・ロズベルグウィリアムズ・トヨタ1:41'17.86878154.3092
    77フェルナンド・アロンソルノー1:41'22.12178154.2014
    811セバスチャン・ブルデーSTRフェラーリ1:41'47.42478153.5628
    921ジャンカルロ・フィジケラフォース・インディア・メルセデス1:41'49.32278153.5148
    1010ティモ・グロックトヨタ1:41'05.99877152.62910
    116ニック・ハイドフェルドBMWザウバー1:41'25.24377152.14611
    121ルイス・ハミルトンマクラーレン・メルセデス1:41'26.88277152.10512
    139ヤルノ・トゥルーリトヨタ1:41'28.86977152.05512
    1420エイドリアン・スーティルフォース・インディア・メルセデス1:41'31.73077151.98414
    1517中嶋一貴ウィリアムズ・トヨタ1:39'37.44276152.8788
     2ヘイッキ・コバライネンマクラーレン・メルセデスアクシデント51153.8622
     5ロバート・クビサBMWザウバーブレーキ28148.77015
     15セバスチャン・ベッテルRBRルノーアクシデント15146.6054
     8ネルソン・ピケJr.ルノーアクシデントダメージ10147.25310
     12セバスチャン・ブエミSTRフェラーリアクシデント10147.22911









    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー