機動戦士ZガンダムIII A New Translation -星の鼓動は愛-

    「機動戦士Zガンダム」劇場版三部作の最後「機動戦士ZガンダムIII A New Translation -星の鼓動は愛-」です。

    はじめに断っておきますが、
    物語のラストについて書くつもりなので、
    これから映画を観るつもりでいて、
    知りたくない人は読まないように。

    と言うわけで、
    「新訳」というわりには、
    今までの二作については、TVシリーズの物語とそれほど変わっているところはありませんでした。

    尺の問題などで、カットしたりとか、
    短くまとめられたりというのはありましたが、
    大筋ではTVシリーズと一緒です。

    まぁ、富野由悠季監督が、
    全部新作カットにすると「機動戦士Zガンダム」ではなくなってしまうから、
    と言うような発言をしたらしいので、
    「新訳」と言いながらも根本的に「機動戦士Zガンダム」を変えるつもりはないということは分かっておりました。

    でもさすがにラストはキッチリと変えてきました。

    一番大きな変更は、
    主人公のカミーユ・ビダンがまともな状態でラストを迎えているところですか。

    TVシリーズでは、
    幼児退行とも言うべき喪失状態になってしまい、
    療養生活を送ることになってしまいす。

    それが、ファ・ユイリィとのハッピーエンド的なシーンになり、
    アチキ的にはカミーユ・ビダンがおかしくならないのはいいとして、
    あそこでファ・ユイリィとの抱擁というのは、どうもねぇ。

    そして、もう一つがアクシズの前戦撤退。

    地球圏に駐留して引き続き戦うことはせずに、
    撤退してしまうのです。

    このあと、ハマーン・カーンはどうなってしまうのでしょう。

    富野由悠季監督としては、「機動戦士ZZガンダム」を封印したいらしく、
    劇場版としてのシリーズは、このあと作るつもりはないので、
    「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」まで映像作品としてはミッシングリンクになってしまう可能性があると言うことです。

    それは、それで実に残念です。

    それこそ、「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」の前の物語として、
    ハマーン・カーン対アムロ・レイの物語でも作って欲しいくらいです。

    それも、三部作でね。

    最後に、セイラ・マスの登場はうれしかったですね。

    声の出演はライブラリと言うことで、
    過去に収録したモノを使用しているようですが、
    それはそれでよいと思います。

    今までのデータがあれば、新規で台詞を言ってもらって演技させることも可能のような気もするけど。

    セイラ・マスだけでなくブライト・ノアもね。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。







    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 機動戦士ガンダムシリーズ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF ロボット 戦争 動画 飛田展男 池田秀一 鈴置洋孝 古谷徹 岡本麻弥 勝生真沙子

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー