三毛猫ホームズの推理 【小説】

    と、いうことで赤川次郎氏の代表作「三毛猫ホームズの推理」です。

    第一巻です。

    ねこ小説としても有名なシリーズです。

    コレに対抗?して辻真先氏の「迷犬ルパン」シリーズというのもあります。

    このシリーズも面白いです。

    と、いうことで赤川次郎氏の代表作「三毛猫ホームズの推理」です。

    なんどか「ひとりがり」でもタイトルを出してきたので、
    いつかはネタになるんだろうなぁ、
    と思っていた人も多くいるのではないでしょうか。

    えっ、そんなに一生懸命読んでいないからおぼえていないって。

    しくしく。

    と、いうことで「三毛猫ホームズ」です。

    京極夏彦氏や森博嗣氏の小説から推理小説を読み始めるのは、
    ちょっとコクだなぁ、
    なんて思いながらも、
    まぁ、ひとりよがりの読者なら問題なかろうと思っていたのですが、
    やっぱり初心者には初心者に適したモノがあるので、
    とりあえずざっと紹介だけはしておこうかと。

    推理小説なので、詳しくは書けませんが、
    とりあえずコレだけいっておきましょう。

    面白いです。

    あちきもはじめて手にとったのは、中学生だったと思う。

    いやー、その頃は今みたいにひねくれていないし、
    推理小説なんてまだそんなに読んだことがなかったからすっかり騙されてしまいました。

    と、いうか、えぇぇぇ、こいつが犯人なのぉ。

    と、素直に感動したものです。

    絶対今読んでいたら、
    「やっぱりね。そうだと思ったんだよねぇ」とかとか言いそうなんですが。

    密室のトリックも犯人も、
    全然わからずに「あちきは猫にも劣る頭脳なのか」と、
    おもって、、いるわけないですね。

    まぁ、基本的に赤川氏の小説は推理を楽しむと言うよりも、
    その登場人物たちが魅力的で楽しいから読むんですけどね。

    だから、密室殺人だろうと連続殺人だろうと、
    殺人が作中で起こっていても全然頭を使って犯人を捜そうなんて思わないんですが、
    この時は結構真剣に考えていた気がするんですよ。

    でも、わからなかったなぁ。

    ちょっとだけかすったけど。

    そんなのは、当たったうちに入らないし。

    と、いうことで、とっても読みやすいし、
    犯人は「えっ!」と思える人物だし。

    あんまり書くと構えて読まれてしまうので書きませんが、
    推理小説の一つの楽しみである「犯人はあなたです」と指さされた人物の意外性は、
    なかなか上位に位置しているので、
    是非推理小説に抵抗がある人はよんでくださいな。

    コレを切っ掛けに推理小説が好きになってくれる。

    と、思う。

    それほど、面白い作品だと思うです。

    簡単に手にはいるし。


    ◆「三毛猫ホームズの推理」 ダウンロード購入はこちらから



    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 推理小説・ミステリー
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : 赤川次郎 推理 刑事 犯罪

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー