F1 2002年 シーズン総括

    総括と言ってもいつものようにだらだらとくだらないことを書くだけなんだけどね。

    今年は、言いたくないけどフェラーリ・シューマッハの年だったなぁ。

    ホント、ホンダの年はいつ来るんだろう。

    来年かな?

    たぶん来年だよ。

    いやいやきっと来年だ。

    と、言うことで来年こそは、
    楽しいF1を満喫できることを祈ってコレにて終了。

    と、いって終わりたいけど、
    ホンダだけがF1の楽しさじゃないので、
    もちっといろいろと書くかな。

    トヨタ。

    う~ん。

    がんばれ、トヨタ。

    来年こそが勝負の年だぞ。

    琢磨。

    しくしく。

    来年は、BARのテストドライバーです。

    でも、まだF1の中にいるから良いかな。

    チャンスはきっと来るし。

    ドライバーとしても今までの日本人ドライバーの中では、
    群を抜いているし。

    それは、
    中島悟が実現できなかった若いときにドライブしていたら、
    を実現させた男だし。

    一番の可能性を持っているよ。

    F1の表彰台の真ん中に立つという可能性が。

    モントーヤとキミ・ライコネン。

    今年一年、この二人が、一番ワクワクさせてくれたかな。

    王者をモノともしないドライビング。

    楽しかったなぁ。

    来年は、本当にマシンの出来如何で混沌としそうな程の台風の目となるべき二人です。

    あと、シューマッハ弟。

    元気なかったなぁ。

    あまり好きじゃないけど、
    あーも元気がない走りを見ているとますます嫌いになってしまう。

    お兄ちゃんを食ってかかるくらい元気がないとダメだね。

    ルノーは、私が思っていたよりも戦績を残せなかったなぁ。

    良い走りを何度も見せてくれたのに残念だなぁ。

    それこそ、ホンダもあのくらいの走りが出来ないとなぁ、
    と思ったほどの走りを見せてくれたのに。

    ちょっとがっかりのシーズンでしたね。

    ホンダもBARにシーズン途中から新しいマシンデザイナーが入って来て、
    根本的なマシンバランスの改善には至らなかったけど、
    空力的には現行マシンで可能な限りのステップアップを見せてくれていたので、
    来年が本当に楽しみ。

    まぁ、来年のことはまた改めて書きますのでお楽しみに。

    最後に今年は鈴鹿に行けなかったけど、
    鈴鹿での佐藤琢磨の走りには、本当に感動しました。

    また同じような感動をいつか見せてくれると信じつつ年末放映のF1総集編を楽しみにしている今日この頃










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー