グレートマジンガー 【アニメ】

    僕らのスーパーロボット「マジンガーZ」を上回るスーパーロボット
    それが「グレートマジンガー」なのです。

    マジンガーよりもグレートなんだから、
    そらーもー凄いって感じなんだけど、、、。

    アチキは、やっぱり「マジンガーZ」の方が好きだったなぁ。

    もちろん、「グレートマジンガー」は全て見ていたし、
    その後の「UFOロボ グレンダイザー」もしっかり観ていました。

    「グレートマジンガー」が「マジンガーZ」よりも勝っていた(アチキが好きだった)所は、
    ヒロインだけでしたねぇ。

    弓さやかよりも炎ジュンの方が好きだったなぁ。

    やっぱりグラマラスで色っぽかったからかなぁ。

    いやー、ませたガキだったなぁ。

    炎ジュンは、黒人と白人のハーフって言う設定で、
    当時のTVアニメでは、珍しく肌が小麦色だったんですよねぇ。

    肌の色に関しては、
    物語の中でも人種差別的なイジメがあったというヘビーな過去を持っていたりするんですよね。

    今では、表面上そういうことはなくなっているから肌の色が違うキャラクターが出ていても不自然ではなくなったけどね。

    ハリウッドなんかはルールで白人だけが出ている映画を作れないことになっているのに比べれば、
    日本はそういうことに関しては関心が薄いって気がしますね。

    おっと、今回は「グレートマジンガー」の話でした。

    「マジンガーZ」では、Dr.ヘル率いる地下帝国の機械獣軍団が敵でしたが、
    「グレートマジンガー」では、機械獣軍団の元になったミケーネ帝国が登場。

    いわゆるオリジナルの強さを持っており、
    その事はマジンガーZの生みの親である兜十蔵も分かっていて、
    いつか来るであろう戦いのために息子である兜剣造(「マジンガーZ」の主人公兜甲児の父親)にグレートマジンガーの製造を託していたという実に出来すぎな設定です。

    でも最後は、「マジンガーZ」ほどではないにしろ燃えましたねぇ。

    マジンガーZとグレートマジンガーの共演。

    そして、大団円。

    これは、やはりシリーズを通して観ていればの感動です。

    機会があったら是非、「マジンガーZ」からご覧ください。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : ロボット SF 永井豪 緒方賢一 八奈見乗児 永井一郎 石丸博也

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー