F1 2011 Round.1 オーストラリアGP

    いよいよFormula1の2011年シーズンがスタートしました。

    決勝は、
    日本とニュージーランドの被災者に対して一分間の黙祷から始まりました。

    世界中からの支援など実に心温まります。

    さて、今年も色々とレギュレーションなどが変更されました。

    まず、いわゆるダブルデュフューザーが禁止、
    同じくFダクトの名称で呼ばれているシステムも禁止。

    ついでにフロントウィングの可変機構も禁止。

    その代わりリアウィングの可変機構が採用され、
    去年一時的に禁止されていたKERSが復活。

    そして、システム的なレギュレーション以上に大きな変更が、
    ブリヂストンタイヤからピレリに変更になったこと。

    テストの時に耐久性とか、
    グリップの持続性とか、
    色々とブリヂストンとの特性の違いが話題になり、
    今年のレースは一体、どんな感じになるのかなぁ、
    と色々と言われていました。

    まず、タイヤに関しては、
    今回のオーストラリアGPでは、
    問題なく、去年とほぼ同じ感じで推移していましたね。

    ザウバーのセルジオ・ペレスは、1ストップでそれも7位でレースをフィニッシュしていますからね。
    (結果については後ほど書くよ)

    他のマシンもベストな状況で2ストップですからね、
    グランプリ前の3、4回はピットストップを覚悟していた状況からは想像も出来ない結果でしたね。

    まぁ、次戦でも同じような感じになるのかは、
    まだやってみないと分からないというのが正直なところでしょうね。

    さて、予選、決勝と下馬評通りレッドブルは速かった。

    特に、昨年のワールドチャンピオン、セバスチャン・ベッテルは異次元の走りでした。

    同じく地元のマーク・ウェバーもいい走りをしていましたよ。

    しかし、まさかというのが、
    マクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトン。

    予選で、レッドブルに割ってはいりましたからね。

    ビックリだ。

    これまでのテストの状況からは考えられないほどの走りだ。

    ルイス・ハミルトンの腕だけの問題ではないことが、
    ジェンソン・バトンの予選結果からもわかります。

    反対にどうしたんだというのが、フェラーリでした。

    マッサはもうどうしようもないのは分かっていたのですが、
    まさか、フェルナンド・アロンソまであんなに苦労するとは。

    タイヤに苦労している感じありありでしたね。

    決勝でも多少のバタバタはありましたが、
    思っていた以上に普通に展開していました。

    大きなアクシデントもなく、
    セーフティーカーも出なかったし、
    でも、おもしろかったですよ。

    優勝は、ポール・トゥ・ウィンでレッドブルのセバスチャン・ベッテル。

    二位にはマシンにダメージを負いながらもマクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトン。

    そして、三位にはなんと、
    ルノーのビタリー・ペトロフが初の表彰台。

    ロシア人ドライバーとしても初です。

    これは、オフにラリーの事故で入院中のロバート・クビサにとってもいい知らせになりますなぁ。

    まさかまさかって感じですよ。

    さて、日本機体の小林可夢偉ですが、
    予選9番手、決勝8でフィニッシュ。

    しかし、ザウバーはリアウィングのエレメントが規定違反と言うことで、
    決勝のリザルトが取り消されてしまいました。

    う~ん、ザウバーチームとしては上告するみたいですが、
    ダメでしょうね。

    凄く残念ですが、
    マシンとしては、現状、十分戦闘力があることは分かったので、
    次、頑張りましょう。

    今年も応援しまっせ、小林可夢偉。

    さて、とりあえず、
    今年もレッドブル、それもセバスチャン・ベッテルがワールドチャンピオン候補というのが、
    本命になりました。

    昨年は終盤にはダメかなぁ、と思っていたのが、
    棚からぼた餅と言うことで、ワールドチャンピオンになりましたからね。

    応援したかいがありましたよ。

    今年は、フェルナンド・アロンソに優勝して欲しい気もしますが、
    やっぱりセバスチャン・ベッテルでしょうね。

    さぁ、次回マレーシアGPが凄く楽しみです。

    2011 FORMULA 1 QANTAS AUSTRALIAN GRAND PRIX

    Provisional Results
    Pos_No________Driver____________Team_______Laps__Time/Retired__Grid_Pts
    11Sebastian VettelRBR-Renault581:29:30.259125
    23Lewis HamiltonMcLaren-Mercedes58+22.2 secs218
    310Vitaly PetrovRenault58+30.5 secs615
    45Fernando AlonsoFerrari58+31.7 secs512
    52Mark WebberRBR-Renault58+38.1 secs310
    64Jenson ButtonMcLaren-Mercedes58+54.3 secs48
    76Felipe MassaFerrari58+85.1 secs86
    818Sebastien BuemiSTR-Ferrari57+1 Lap104
    914Adrian SutilForce India-Mercedes57+1 Lap162
    1015Paul di RestaForce India-Mercedes57+1 Lap141
    1119Jaime AlguersuariSTR-Ferrari57+1 Lap12
    129Nick HeidfeldRenault57+1 Lap18
    1321Jarno TrulliLotus-Renault56+2 Laps20
    1425Jerome d'AmbrosioVirgin-Cosworth54+4 Laps22
    NC24Timo GlockVirgin-Cosworth49+9 Laps21
    DSQ17Sergio PerezSauber-Ferrari58+65.8 secs13
    DSQ16Kamui KobayashiSauber-Ferrari58+76.8 secs9
    Ret11Rubens BarrichelloWilliams-Cosworth48Transmission17
    Ret8Nico RosbergMercedes GP22Accident damage7
    Ret20Heikki KovalainenLotus-Renault19Water leak19
    Ret7Michael SchumacherMercedes GP19Puncture damage11
    Ret12Pastor MaldonadoWilliams-Cosworth9Transmission15









    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー