月は幽咽のデバイス The Sound Walks When the Moon Talks 【小説】

    森博嗣のネタです。

    最近、小説というと森博嗣のネタばっかりだよなぁ。

    何故かというと、
    最近読んでいるから本が手に入りやすい。

    どうしてもいままで読んだ小説のネタを書こうとすると、
    どうしても本が手に入らないって言うケースがよくあるのよね。

    と、言うことで今回の「月は幽咽のデバイス The Sound Walks When the Moon Talks」もこのお休み中に買って読んだんですよ。

    いやー、相変わらず読みやすいよねぇ。

    で、相変わらずのVシリーズ

    紅子さんのお話。

    今回は、とってもやられちゃいました。

    どうしても頭の中が、庶民になってしまっているのよ。

    良くも悪くも。

    スゴく大げさな仕掛けは、
    現実的じゃないと思って排除してしまう。

    まさに盲点。

    一応、褒めています。

    たとえ現実的ではないにしろ、
    理屈は通っているのでOKなのです。

    推理小説とSFは紙一重なのです。

    なんか、それについては前に書いたような気がするので、
    くだらない話は止めておこう。

    どうしても推理小説のネタの時は、
    トリックとかを書きたくなってしまうんだよねぇ。

    ネタが分かっていてもおもしろいものと、
    ネタ勝負のものとにわかれるからなぁ。

    基本的に、森博嗣氏の小説は、
    ネタの比重よりもキャラクターの魅力が非常に大きいのです。

    私の場合はね。

    だから犀川&萌絵シリーズは、
    とってもおもしろくて読み返しても良いくらいです。

    で、紅子さんのシリーズですが、
    こいつもやっとキャラクターがのってきたという感じです。

    もう少し保呂草氏の活躍を見てみた行きもするのですが、
    まぁ、準主役としての位置づけなので仕方ないでしょう。

    今度、保呂草氏の本業を描いた小説でも書いて欲しいものです。

    結構、
    おもしろい物が書けるような気がするのですがどうでしょう。

    まぁ、こんな事を書いても読んだ事がない人には、
    ちんぷんかんぷんな分けです。

    と、言うことでやっぱり読んでもらわないとなぁ。

    まぁ、いつも書いていますが、いきなり「月は幽咽のデバイス The Sound Walks When the Moon Talks」から読むのは良くないです。

    はい。

    今回の「月は幽咽のデバイス The Sound Walks When the Moon Talks」は、
    ちょっとオカルトチックな物語になっています。

    あくまでもチックです。

    どの辺がチックかというと、
    狼男に殺されたという話のあたりが「チック」です。

    と、言うわけで興味があったら読んでみましょう。

    まっ、シリーズを読んでいなくてもいきなりここから読んでも話は理解出来る作りにはなっております。

    はい。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 推理小説・ミステリー
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : 森博嗣 推理 犯罪 Vシリーズ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー