トータル・フィアーズ 【2002年製作:映画】

    トム・クランシー原作のジャック・ライアンシリーズ。

    過去、ジャック・ライアンを演じたのは「レッド・オクトーバーを追え!」のアレック・ボールドウィンに、
    「パトリオット・ゲーム」「今そこにある危機」のハリソン・フォードでした。

    個人的には、
    ハリソン・フォードのジャック・ライアンが一番良かったなぁ。

    「レッド・オクトーバーを追え!」の時は、
    ジャック・ライアンよりもロシアの艦長の方が主役扱いだったから致し方ないかな。

    原作もおもしろいと聞くので、
    読んでみたいんだけどなかなか手をつけられないでいるんだよねぇ。

    で、今回は、
    ジャック・ライアンシリーズ最新作。

    若き日のジャック・ライアンを演じるのはベン・アフレック

    最初は、
    どうしてもアレック・ボールドウィンのイメージがあって、
    若い俳優はダメなんじゃねぇか、
    なんて思っていましたが、
    若い頃のジャック・ライアンの役ということで、
    結構、グッドでした。

    好きなシリーズなので、
    楽しく観ました。

    なんといってもイケているのが、
    戦略か爆弾の爆発シーン。

    と、いうよりもこの手の作品では、
    ギリギリのところで爆発を回避するんだけど、
    それが核爆弾だとなおさらね。

    なのになんのためらいもなく爆発させたのには、
    ビックリでした。

    スゴいねぇ。

    だから次に来る映画のクライマックスとでもいうべき、
    戦争か、
    回避か、
    というところがスゴく緊迫感を持ってくるんだよねぇ。

    普通に観ていれば、
    絶対にそんなことにはならないだろうなぁ、
    と思って観るわけですが、
    すでに核爆発が起きてしまった後だから戦争もあり得る。

    という状況に不自然さがなくなって、
    大統領側近たちの緊張がとってもリアルに感じられたのよねぇ。

    残念なのは、
    核の恐怖って、
    爆発力もさることながらやっぱり目に見えない放射線の恐怖だと思うんだけど、
    そのあたりのことは、
    キレイさっぱり無視されている感じの演出でしたねぇ。

    まぁ、
    それはそれとして、
    いやー、
    おもしろかったよ、
    ホント。

    ジャック・ライアンシリーズといっていますが、
    それぞれ独立した一個の作品なので、
    過去の作品を見ていなくても充分楽しめるから、
    ぜひ見て欲しいです。

    で、やっぱりハッピーエンドだというのが良いよね。

    こいつはちょっとDVDが欲しくなるよ。

    まぁ、ジャック・ライアンシリーズみんな欲しいんだけどね、あちきは。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 犯罪 動画 ベン・アフレック モーガン・フリーマン

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー