夢・出逢い・魔性 You May Die in My Show 【小説】

    突然ですが、森博嗣氏のVシリーズ第四弾。

    まだ文庫本でていないんのですが、
    リーズナブルな値段と出先で暇を持て余していたので、
    買って読んでしまいました。

    もう、なんていうのか、
    推理小説らしくなくなってきていますなぁ。

    一応、密室にこだわっていますが、
    なんか密室の謎解きがメインではなくなってきているので、
    最後のクライマックス(推理小説の謎解きの部分ですね)が、
    イマイチ盛り上がらない。

    その部分は、やっぱりS&Mシリーズは良く出来ていたなぁ。

    作者自身遊んでいたと思うし。

    で、今回は、東京で事件は起こり、
    Vシリーズとしては異例のスピードで事件が解決します。

    もう読んでいても推理を楽しむ本ではなくなって、
    それ以外のところで読者を楽しませようとしているのが良くも悪くもみえみえで。

    犯人も登場人物も騙されなかったなぁ。

    名前と行動パターンによる性別のトリックは、
    主役の一人である小鳥遊(たかなし)君によって使われ続けているので、
    どうしても本の読み方として、
    こいつは男?女?というのを「はっきり」させていく癖が付いてしまっていかんです。

    故意に確定した情報を出さないかぎり、
    曖昧な情報はすべて何かあると思うのが普通でしょう。

    と、いうことで男子のファイルと女子のファイルの話の時に、
    気がつきましたよ、私も。

    あいつが犯人だと。

    と、いうことで今回は、実につまらなかった。

    今までで、一番つまらなかったと思う。

    と、いうより引っかかる部分がなかったのよねぇ。

    どんな些細なことでもいいんだけど、なかったなぁ。

    イカした会話も、
    素敵なシチュエーションも、
    ちょっとしたラブロマンスも。

    いいなぁ、と思えるところがなかった。

    すごく残念で消化不良。

    有り得ない状況のオンパレードでも良いからS&Mシリーズを復活して欲しいなぁ。

    やっぱりS&Mシリーズは、
    シリーズ通しておもしろかったよ。

    Vシリーズは、どうもイマイチな感じのままがつづいているなぁ。

    でも、たぶん、いやいや絶対最後まで読んでしまうんだなぁ。

    もうすでに作者の術中にハマっています。




    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 推理小説・ミステリー
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : 森博嗣 推理 犯罪 Vシリーズ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー