ロッキー 【1976年製作:映画】

    「ロッキー」です。

    ロッキー・バルボアです。

    イタリアの種馬です。

    シルベスター・スタローンです。

    名作ですねぇ。

    古い映画ファンの方は、
    ほとんど観たことがあるのでしょうが、
    最近映画ファンになった人は、
    もしかしたらまだ観たことがない人がいっぱいいるのではないでしょうか。

    と、
    いうわけで、
    ボクシングの映画です。

    アメリカンドリームの映画です。

    今更ですけど、
    知らない人のために書いております。

    シルベスター・スタローン自身が、
    この映画の成功によってアメリカンドリームをつかんだ男なので、
    相乗効果で話題になりましたねぇ。

    日本の話ね。

    まぁ、
    細かい逸話もいっぱいあるのですが、
    そのへんは適当にご自分で見聞きしてください。

    売れない俳優が、
    自ら脚本を書き自ら主演するのを条件に製作された映画。

    金がなくて、
    ポルノ男優までやっていた男、
    シルベスター・スタローン

    だからイタリアの種馬と自ら書いたのかなぁ。

    アメリカの国民のハートをうったのは、
    白人の無名ボクサーが黒人のチャンピオンをたたきのめす映画だから。

    まぁ、
    試合は、
    黒人のチャンピオンの勝利なんだけど、
    展開は「勝負に勝って試合に負けた」感じなのよね。

    また、
    すっきり勝たないところが良いよね。

    黒人には「ホラ、やっぱり俺らは強いんだ」と言える余地があるし、
    白人は「まぁ、
    本当はノックアウト出来たけど、
    情けで勝たせてやったんだ」と言えるからね。

    基本的にね白人の方が立場が上だからね。

    まぁ、
    そんな人種問題に疎い日本人でも充分楽しめます。

    音楽もいいんだよね。

    でも、
    あちきは、
    この映画を観たのは「ロッキー3」を観た後だったのよ。

    いやー、
    「ロッキー3」が楽しかったからねぇ。

    「ロッキー3」の話はまた今度するとして。

    だから、
    「ロッキー3」のような感動を味わえるかと思ったんだけど、
    味わえなかったなぁ。

    何故だろう?

    映画としては、
    とってもヒューマンな話なのに。

    テンポが悪いんだな。

    スポーツヒーローものだとおもって観るから。

    確かに、
    ボクシングが一番のメインではあるけど、
    そうじゃないんだよね。

    エイドリアンとのラブストーリーだし、
    アメリカンドリームの物語なのですよ。

    だから、
    爽快感がないんだよね。

    「ロッキー3」には爽快感があったのよ。

    と、
    いうことで私のようにいきなり「ロッキー3」から観るのではなく、
    一作目から順番に観ましょう。

    何度観てもおもしろいよ、これ。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : スポーツ ボクシング 動画 シルベスター・スタローン

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー