アダルト・ウルフガイシリーズ7 ウルフガイ 凶霊の罠 【小説】

    久々です。

    ウルフガイシリーズ。

    もとい。

    アダルト・ウルフガイシリーズ。

    やっぱりちゃんと「アダルト」とつけないと、
    一般的にウルフガイシリーズというと「ヤング」になってしまうからなぁ。

    わたしは、たぶん何度も書いていると思うけど、
    ヤングよりもアダルトの方が好き。

    なぜ好きかというと、やっぱり「アダルト」だから?

    ちゃうちゃう。

    明るいのよ。

    やっぱり。

    主人公の性格がね。

    でも、ここから「アダルト」も急展開。

    中には、ここからウルフガイを嫌いになった人もいる

    そうなのです。

    ここから、ウルフくんこと犬神明は、
    天界の使命を背負った狼男だと言うことが発覚するのです。

    私的には、このシリーズの前に「幻魔大戦」を読んでいたから、
    おぉー幻魔がついにウルフガイにも登場かぁぁぁ、
    とおもって懐かしかったりしたわけですが、
    ウルフから読んでいる人は、
    ここまで幻魔が押し寄せてきたので逃げ出してしまったわけですね。

    で、角川文庫になってから「ウルフガイ 凶霊の罠」なんていうタイトルになったわけで、
    それ以前は「人狼白書」っていうタイトルだったんだな。

    実際は、「ウルフガイ 不死の血脈」にもずれ込んでいたりするんですが。

    私は個人的に「人狼白書」の方が好きなんだけどなぁ。

    で、この後は「人狼天使」1、2、3とつづくわけだが、
    これも角川文庫になってタイトルが変わってしまったんだよねぇ。

    そうそう。

    内容ね、内容。

    ウルフくんと天使が出会う話。

    まっ、細かくは読んでちょうだいな。

    なかなかイケてるよ。




    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : SF小説
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : SF 平井和正 狼男 犬神明 バイオレンス

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー