F1 2009 Round.7 トルコGP

    たぶん勝つだろうと思っていたブラウンGPのジェンソン・バトンが優勝した。

    ポールポジションもとるだろうと予想していたが、
    これはヴェッテルにとられてしまった。
    でも、燃料重量から考えると、まだバトンの方が速かった。

    シーズンはじめでは、まさかここまで躍進するとは思っていなかった。

    元々の素姓が素晴らしく良かったのと、
    今年はシーズン中のテストが禁止になっていることが、
    最初に築いたアドバンテージの貯金を残せているのだろう。

    コンストラクターズの1位と2位はメーカー系ではなく、
    プライベータであるというのも近年のF1ではとても珍しい現象である。

    大幅にレギュレーションが変わって、
    金がなくても優秀なエンジニアによって作られたマシンが速いということがよく分かるグランプリシーズンになっている。

    それでも資金力と開発力があるメーカー系チームは、
    地力を発揮してトップに躍り出ることは目に見えているのだが、
    いつも同じチームばかりがワールドチャンピオンというのは、
    やはりつまらないです。

    接近戦での優勝争いならいざ知らず。

    そういう意味では、今年のシーズンは1チームの独走だが、
    プライベータと言うことで、いつまでもがんばって1位をキープしてワールドチャンピオンになって欲しいと思う。

    だが、これがホンダだったなら、
    やっぱり思いは同じだね。
    いやそれ以上かな。

    アチキ、ホンダファンだから。

    と、言うことで、
    久々にガチンコのトップ争いがみられたレースでしたね。

    ポールからスタートしたヴェッテルが、コーナーでミスをしてふくらんだ隙に、
    バトンがするすると美味く前に出て、
    それからは、この2台の争いが凄まじかったです。

    ヴェッテルの3ストップ作戦が、
    有効なのはトップに出て2位以下を引き離すことが出来てはじめて優勝できるので、
    2番手でのレースで優勝をねらうのは、ちょっときつかった。

    それでも最後までいい戦いをしてくれて、
    観ているアチキは大満足です。

    どっちが優勝しても良かったと思っているからね。

    出来れば、最後はチームメイトのウェバーとバトルして欲しかったけど、
    それはかなわなかったなぁ。

    チームメイトだし、先輩だし、
    それで腐る性格でもないからヴェッテルは好きですね。
    ※去年のワールドチャンピオンは、そんなことされたらブーブー腐っていたからね。
     確かに実力の世界だけど、ニューフェースとワールドチャンピオンなら、少しは相手をたたえることがあってもいいんじゃないのかなぁ。これって日本人的な考えなのかな。

    まぁ、えぇ。

    7戦中6勝という実に圧倒的な展開だけど、
    シューマッハの時のようにつまらないと感じないのは、
    やはり元ホンダだし、プライベータだということだからからね。

    それにしても、中島ジュニアは、残念だったね。

    今年一番の走りをしていたように感じるから、
    ピット作業でのミスで遅れたことには、
    正直怒り狂ってもいいと思うね。自分のことは棚に上げてね。
    気持ち的にはだよ。

    まぁ、何はともあれ、
    次回イギリスGPはバトンのHOMEだし、ブラウンGPのHOMEでもあり、
    沢山のチームのHOMEでもあるから、
    盛り上がるねきっと。

    シーズンでも少ない高速サーキットだし。

    今から非常に楽しみです。



    決勝結果
     
    順位No.ドライバーチームトータルタイム周回平均速度 (km/h)最高位
    122ジェンソン・バトンブラウン・メルセデス1:26'24.84858214.8231
    214マーク・ウェーバーRBRルノー1:26'31.56258214.5451
    315セバスチャン・ベッテルRBRルノー1:26'32.30958214.5142
    49ヤルノ・トゥルーリトヨタ1:26'52.69158213.6753
    516ニコ・ロズベルグウィリアムズ・トヨタ1:26'56.38758213.5242
    63フェリペ・マッサフェラーリ1:27'04.84458213.1784
    75ロバート・クビサBMWザウバー1:27'11.09558212.9233
    810ティモ・グロックトヨタ1:27'11.80758212.8955
    94キミ・ライッコネンフェラーリ1:27'15.09458212.7616
    107フェルナンド・アロンソルノー1:27'27.26858212.2677
    116ニック・ハイドフェルドBMWザウバー1:27'29.17558212.1908
    1217中嶋一貴ウィリアムズ・トヨタ1:27'31.22458212.1074
    131ルイス・ハミルトンマクラーレン・メルセデス1:27'45.30258211.54010
    142ヘイッキ・コバライネンマクラーレン・メルセデス1:26'33.88557210.7498
    1512セバスチャン・ブエミSTRフェラーリ1:26'36.80857210.63015
    168ネルソン・ピケJr.ルノー1:26'40.34957210.48711
    1720エイドリアン・スーティルフォース・インディア・メルセデス1:26'46.21457210.25011
    1811セバスチャン・ブルデーSTRフェラーリ1:26'48.47157210.15918
     23ルーベンス・バリチェッロブラウン・メルセデスギアボックス47210.53211
     21ジャンカルロ・フィジケラフォース・インディア・メルセデスブレーキ4194.82718









    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー