リターナー 【2002年製作:映画】

    金城武が主演です。

    結構、
    邦画のSFモノとしては良い感じの感想を聞いていたので、
    そこそこ期待してみたわけです。

    ほーーーう。

    なかなか良く出来ているではないですか。

    流行りモノの演出をもっと使っているのかと思いきやそうでもなかったし。

    あちきはてっきり金城武くんが未来からやってくる話かと思っていたのよ。

    違ったのね。

    だからなのかなぁ。

    細かいところで、
    というか全体で、
    というか、
    なんというか、
    う~ん、
    どうも消化不良のところがある。

    すごく良く出来ているから、
    いつものようにもったいないと思ってしまうところがいっぱい目に付くんだね。

    やっぱり一番は、
    敵を宇宙人にしたところだね。

    いかんよ、
    アレは。

    宇宙人を出すならもう少し、
    他の物語の方が良かったんではないかな。

    話的には、
    最後までみせてくれる吸引力があるから、
    絶対にダメだとは思っていないんだけど。

    せっかくクオリティの高い作品になっているから、
    もう少しSFとしておもしろいモノにして欲しかったのよねぇ。

    この手のモノは、
    「ガメラ」がそうだったように脚本家にSFのことをよく知っている人間を使うべきだったね。

    アニメ界とか、
    マンガ界とか、
    小説界とかにはいっぱいいるんだから。

    そう言う人にお知恵を拝借してもらえば、
    もっと素晴らしい作品になったであろうに。

    非現実的なことに非現実なモノを足してリアルな世界をつくろうとしたって、
    よっぽどの才能がないかぎりどうしてもイマイチになってしまうわけで。

    それも潤沢な予算があれば、
    映像的にスゴいモノをつくって無理矢理納得させると言うことも出来るけど、
    結局、
    日本ではその部分に関しては無理だしね。

    宇宙人と未来から来た少女。

    せめて宇宙人を止めるだけでも違ったんではないかな。

    岸谷五朗氏の役どころというか、
    キャラクターはとっても良かったし。

    それだけでも楽しい映画になったし。

    基本的な物語を変えないでも、
    宇宙人をバイテクのモンスターにするとか、
    スパコンにするとか、
    ロボットにするとかするだけでも、
    より現実的な未来像が出来上がるからいろいろと楽しい物語になったのではないかな。

    何をしたってどこかで見たことがあるモノになってしまうのだから。

    と、
    いうわけで日本映画のそれもSFモノはなぁ、
    と過去の失敗作が頭から離れない人も、
    結構ちゃんと出来ていることにビックリできる作品であることには間違いありません。

    一度、
    騙されたと思ってみてくださいな。

    意外といけてまっせ。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF タイムトラベル アクション 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー