新訂版コナン全集3 黒い予言者 【小説】

    ファンタジー小説、それもヒロイック・ファンタジー小説というのは、
    今でこそ掃いて捨てるほど存在し、
    それこそ、日本人の作家による日本製のファンタジー小説やヒロイック・ファンタジー小説もごまんとありますが、
    やはり、元祖というか、始祖というか、何というか、
    「コナン」という存在を知ってもらい、
    尚かつ、読んでいただきたい。

    ファンタジー小説、ヒロイック・ファンタジー小説のファンなら自分の趣味嗜好に合っていると思ったら読んで欲しいかな、
    っていう感じですが、
    ファンタジーやヒロイック・ファンタジーの物語を作り出そうとしている作家やクリエイターの方々には、
    必ず読んで欲しいです。

    と言うことで新訂版コナン全集3巻「黒い予言者」です。

    中編が三編に未完成作品の梗概と草稿が一作という構成です。

    表題の「黒い予言者」は、
    コナンとコナンが攻め込もうとしていた国の女王とのお話し。

    コナンは女王といっても王の妹という立場の女性を誘拐。

    捕虜になっているコナンの仲間と交換するつもりでいたが、
    コナンたち以外にも色々と動く存在が。

    コナンの物語はストレートな話が多いのですが、
    「黒の予言者」は、複数の人物たちの思惑が絡み合っていく話で、
    最後は、すかっと終わって「コナン」シリーズの中でもお気に入りの作品です。

    他には「忍びよる影」と「黒魔の泉」があります。

    「忍びよる影」は、砂漠で逃げ込んだ都が、
    実はこの世のモノではない存在がいる場所という、
    「コナン」シリーズでは定番の設定の物語です。

    「黒魔の泉」のそういう意味では、定番の設定ですね。

    海賊の仲間になって、
    そこで自分の地位を高めて海賊のボスを殺してトップになり、
    未開の地で黒魔術をつかう原住民と戦って逃げる。

    どの物語もそうですが、
    基本的に美女が出てきます。

    ヒロイン的な存在ですね。

    今回もそれぞれの物語で魅力的な美女が出てきます。

    やつぱり「黒い予言者」に登場する王妹ヤスミナ姫がアチキの一番のお気に入りですか。

    未完成の話である「トムバルクの太鼓」では、
    物語が完結していないのでなんとも言えませんが、
    書かれている部分だけで言うと、
    この物語に出てくる女性は、コナンに好意を寄せるような雰囲気ではないですね。

    まぁ、どれもこれもおもしろい作品ですので、
    ホント、機会があったら是非読んで欲しいです。

    どの巻から読んでも楽しめますので、
    手に入りやすいところで読んでくださいな。

    毎回書きますけど、お薦めですよ。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : ファンタジー小説
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : ファンタジー 怪獣 アクション 冒険 バイオレンス ちょいエロ ロバート・E・ハワード

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー