呪怨 【1999年製作:映画】

    恐い、
    恐い、
    恐いと言われてパート2も出来たし、
    映画にもなった?
    なる?
    し。

    と、
    いうことでとりあえず一作目を観てみました。

    なるほど、
    日本的な話の日本的な怖さを演出しようとしているのかなぁ。

    と、
    思っていたんだけど、
    ほんのちょっと違ったね。

    これは、
    怪談話だね。

    それも、
    友達から聞いたんだけどさ、
    という仲間内の話だね。

    大筋が一本。

    枝はいっぱいの話をね一つ一つばらして、
    一つ一つ小話のように展開していく。

    山と谷をうまくつくっているから安心と恐怖と期待をうまい具合にリズムに乗せることが出来ているのね。

    だからリズム音痴の私は、
    皆さんが思っているほど恐くなかったのよ。

    どきっ!

    としたのは職員室で脚をつかむシーンだけだね。

    アレは、
    期待通りの展開で良い感じでした。

    実は、
    この手の恐怖映画って、
    日常と非日常の境目をうまくみせた者勝ちなんだよね。

    で、
    この映画はその辺がイマイチだったわけです。

    クライマックスをつくることなく、
    オムニバスぽくみせて実は全て話が繋がっていると言うことを分からせることで、
    最後まで興味を失わずにみせることに成功しているわけで、
    これは大正解。

    基本的に「家」にいる「モノ」が主役なんですが、
    そのわりには「家」の外でも活躍しているからその辺がちょっとねぇ、
    って感じでした。

    まぁ、
    恐い恐い恐いと言っていたわりには恐くなかったのが、
    少々残念。

    この手の映画はやっぱり怖がらせてナンボですからね。

    モンスターモノに近いモノもあったし。

    やっぱり怨念がおんねん、
    といったところをもっと出してほしかったなぁ。

    だから「2」観てないし。

    同じような感じだったら観る気にならんしなぁ。

    他に見たいモノがなかったら「2」を観るかもなぁ。

    いやー、
    おもしろかったからすぐに「2」へ、
    と言うわけにはならなかったなぁ。

    でも、
    世間の評判は高いからそちらを信用して見てもらっても良いかも。

    あと、
    怖さの感覚が鈍っていたりするので、
    その辺は、
    加味してもらったほうが良いかも。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 栗山千明 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー