紅の勇者オナー・ハリントン5 航宙軍提督ハリントン 【小説】

    前巻のパヴェル・ヤングとの一件で、
    マンティコア航宙軍を半給休職になってしまったオナー・ハリントン。

    仕方なく、
    というか必然的にグレイソンの領主としての仕事に専念することになるのでした。

    男尊女卑の世界で、
    女の領主というのは大変なことなのですが、
    真面目で優秀なオナー・ハリントンは、
    グレイソンでもどんどん評価を上げていき、
    ついには軍備拡張中のグレイソン航宙軍の提督に抜擢されるのです。

    オナーも領主よりは軍隊生活の方が良いと言うことで、
    身分不相応と思いながらも提督としてグレイソン軍を鍛え上げていくのです。

    しかし、グレイソンの人々は生まれたときから男尊女卑の習慣で生きてきたので、
    保守的な立場の人たちにとってはオナー・ハリントンは目の上のたんこぶ。

    なんとか失脚させて、
    男女平等の思想を駆逐しようと色々と謀略を企てるのです。

    そんな中、宿敵ヘイヴン人民航宙軍がグレイソン宙域への艦隊行動を模索し始めて、
    内外の敵と対峙することになるオナー・ハリントンの運命やいかに。

    といった感じなんですが、
    ハラハラどきどきというか、
    どうなるオナー・ハリントン、
    って感じでもうどこで読むのを中断していいのか分からなくなるくらい、
    夢中で読みふけりましたね。

    単なるミリタリーSFというよりは、オナー・ハリントンの英雄譚と言った趣になってきたので、
    どこまで偉くなるんだって感じでサクセスストーリーとしてもおもしろいです。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : SF小説
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : デイヴィッド・ウェーバー SF 戦争 ミリタリー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー