コック ファイター 【1974年製作:映画】

    タイトルの意味をちょっといかがわしく読み取ると、
    なんか別の作品になってしまう感じですが、
    「コック ファイター」は、
    「闘鶏」をネタにした映画です。

    これまた地味な題材ですが、
    物語の中身も結構地味です。

    でも、まぁ、
    こう言うのはやっぱりB級映画ならではと言うことなんでしょうね。

    お金かけて失敗したら大変ですから。

    題材的な実験って感じですか。

    まぁ、こういうネタで映画を作れるというのもアメリカ映画界の懐の深さでしょう。

    その映画界の底辺を支えている人こそ、
    帝王ロジャー・コーマンですよ。

    物語は人生を闘鶏にかけた男のお話。

    物語の初っぱなで試合に負けてしまい、
    財産も底をつき、恋人とも別れ、
    もう一度リベンジするために頑張る男が主人公。

    闘鶏の大会で優勝するまで口をきかないと誓いを立てて、
    しっかり実行するので、
    物語のほとんどを主人公はしゃべりません。

    身振り手振り、筆談などで他人とコミュニケーションをとります。

    実にストイックな物語です。

    闘鶏の試合シーンは、
    いくつかあるのですが、
    どうも盛り上がりに欠けるというか、
    地味な感じなんだよね。

    実際、闘鶏が激しくぶつかり合って、
    足につけた刃で傷つけ合うというブラッディなスポーツ?というか、
    ギャンブルが目当ての競技なので、
    見た目は激しいんですが、
    勝った負けたがわかりにくいし、
    人間のスポーツならやられそうになって逆転という爽快パターンも、
    闘鶏だとわかりにくい。

    映画の中でそんな感じの試合があったかどうかさえ、
    定かではありません。

    なので、どうしても人間ドラマの方に主眼が置かれてしまうのですが、
    これまた微妙なんですよね。

    それでも最後まで飽きずに観ることは出来ました。

    はまる人と装でない人のサガ結構ある感じの映画ですね。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : ドラマ ロジャー・コーマン 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー