魔剣天翔 Cockpit on Knife Edge 【小説】

    森博嗣氏の瀬在丸紅子が探偵役のVシリーズです。

    前回が「夢・出逢い・魔性 You May Die in My Show」でしたからね。

    ずいぶんたちましたなぁ。

    もうすでに文庫で読むことがなくなってしまった。

    なんとなく続きが気になってしまってねぇ。

    で、「魔剣天翔 Cockpit on Knife Edge」をよんだわけさ。

    実は、
    すでに「魔剣天翔 Cockpit on Knife Edge」のつづきである「恋恋蓮歩の演習 A Sea of Deceits」まで読んでいたりするわけで。

    この間に刊行順でいうと短編集があるのですが、
    まだ買ってないのよねぇ。

    で、「魔剣天翔 Cockpit on Knife Edge」の話。

    これは、ミステリィというよりも、、、、、サスペンス?なんか違うな。

    まぁ、一応、有り得ない状況での殺人というやつがおきて、
    実行した犯人を捕まえようとする話ではある。

    でも、今回はやっぱり保呂草氏の話がおもしろいわけです。

    殺人トリックは、
    まぁ、いつものようにこうだろうなぁ、
    思った通りになって満足なわけですが、
    それ以外のところのドラマが、
    やっとおもしろくなってきました。

    いまだにちょっとキャラクター作りすぎだよ、
    というキャラが二名ほどいますが、
    まぁ、その辺はおいといて。

    今回は、航空ショーの、
    それもアクロバットチームの演技中に殺人がおきるのです。

    で、その後に関係者がホテルで殺される。

    まぁ、ふつうに読んでいれば、たいしたことないんだけど、
    やっぱり今回は保呂草氏が大活躍。

    いいねぇ。

    保呂草氏一人で、
    主役はれるキャラクターなので、
    ぜひそのネタで本を書いてほしいねぇ。

    短編とかじゃなくてね。

    おっとと、なんかまた脱線してしまいました。

    二人乗りの飛行機で、
    後部座席のみ操縦できて、
    なおかつ後部座席の人間が後ろから銃で撃たれるという話し。

    なかなか興味をそそられるトリックなんですが、
    このVシリーズは登場人物の立場というのが結構微妙で、
    真剣にトリックを推理して犯人を捜すという行為がないから、
    読者も同じように推理という世界から話された感じで物語を読んでいくんだよね。

    それは、それでとってもよいと思うのですよ。

    物語としておもしろくないとだめでしょ、やっぱり。

    だから、今回は久々にドラマとしておもしろい展開になったんだよねぇ。

    で、次刊の「恋恋蓮歩の演習 A Sea of Deceits」もこのときの話をちょっと引きずっていたりするのが判明して、
    一気に読んでしまったという次第です。

    まぁ、興味があったら是非読んでくださいよ。

    もちろん、Vシリーズのはじめからね。




    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 推理小説・ミステリー
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : 森博嗣 推理 犯罪 Vシリーズ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー