どろろ 【2007年製作:実写:映画】

    手塚治虫の名作漫画「どろろ」が実写映画になりました。

    原作の漫画は、
    実に良い作品で、
    まだ読んだことかない人には、
    絶対にお薦めの作品です。

    そんな名作漫画の、
    それも実写ですから、
    期待なんて出来るわけがありません。

    なので、
    原作のことは出来るだけ綺麗さっぱり忘れて、
    オリジナルの映画として「どろろ」を見るように心がけました。

    しかし、
    結局は、
    あぁ、
    こんなふうにしたんだ、
    とか、
    ここはこうしたか、
    とか、
    こいつは、、、、。

    なんて感じで、
    見てしまいました。

    と言うか、
    そんなふうにしか見ていられなかったという感じかな。

    でもとりあえず最後まで観ることは出来たかな。

    基本的に、
    映画なので約二時間という尺の中で物語を完結して楽しませなくてはなりません。

    だから原作を持つ作品の場合、
    映画にあった内容に変更するのが普通です。

    この変更するときに何をメインにしたら良いの下の取捨選択が必要になり、
    作品の善し悪しが決まります。

    そういう意味では、
    ちょっと失敗しちゃたかなぁ、
    と言うのが「どろろ」ですね。

    「どろろ」のエッセンスだけを取り出して、
    オリジナルの物語というのは、
    良いと思うけど、
    オリジナルの作り方が残念って感じです。

    いわゆる特撮という部分では、
    アチキの期待以上の出来ではありました。

    期待が低すぎるというのもあるんだけど、
    日本の映画ですからねぇ、
    期待なんてはなっからできるわけないじゃないですか。

    そして、
    時代劇なんですから基本的なチャンバラシーン位は、
    もっとかっこよく作れたんじゃないかなぁ。

    妖怪対人間だからというので、
    中途半端にCGアクションなんかにしてしまって、
    せっかくチャンバラという日本には自慢できるかっこいい殺陣がいっぱいあるのに、
    なんだかなぁ、と。

    ファンタジーとしての見せ方が基本的に分かっていないって感じだったかな。

    ファンタジーにヘタな理屈を付けてしまっては、
    見ているこっちまで現実に戻されてしまうと言うわけです。

    ファンタジーファンタジーとして受け入れるべきではないかと。

    とはいえ、
    普通に最後まで観ることは出来るわけで、
    出演者のファンであれば、
    それを目当てに見ると言うことは出来るかな。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 日本映画
    ジャンル : 映画

    tag : ファンタジー アクション 時代劇 手塚治虫 柴咲コウ 麻生久美子 原田芳雄 妻夫木聡 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー