ハルマゲドンの少女 【小説】

    ハルマゲドンの少女」です。

    とりあえず平井和正著「幻魔大戦」シリーズの流れをくむ作品です。

    とりあえず、
    この作品が今のところ私の知る限りで「幻魔大戦」シリーズの最後になっております。

    今回の主人公は、東三千子です。

    東三千子とは、「幻魔大戦」の主人公東丈の姉になります。

    まぁ、もともと「幻魔大戦」の影の主人公でしたから、
    今更驚くに値しないんですけどね。

    ここでは、東三千子の高校生時代から物語がスタートします。

    それも、シナリオ形式で。

    シナリオ形式とは、
    ドラマなどの脚本みたいな感じで書かれていると言うこと。

    で、この本は、
    「幻魔大戦」のある意味ミッシングリンクを埋めるための作品といっても良いでしょう。

    特に、角川版「幻魔大戦」の流れから読むとすごくその辺が理解できると思います。

    ただ、やっぱり元々がパラレルワールドの話なので、
    無理に一本の道筋ができるわけではないので、
    中にはこれを読んで頭がはちゃめちゃになる人もいるのではないかなぁ、
    と思ったりもしちゃいますね。

    難しく考えずに、
    素直に読めばそんなことはないと思うんですけどね。

    まぁ、一つの次元が、
    他の次元に干渉して、
    みたいな感じで、
    物語の世界では、
    全ての次元を見渡せる高次元が用意されていて、
    そこんとこを立体的にイメージできないと、
    ????といった感じになったりもするのかなぁ。

    まぁ、そんなこんなな難しい話は、
    この「ハルマゲドンの少女」には、
    でてこないんですけどね。

    普通に、東三千子の物語を楽しんでいただければなぁ、
    と思うわけです。

    いろいろなご託は、
    読み終わってから、
    考えればいいこと。

    二度、三度と読めますから。

    何度も楽しんでくださいな。

    そうそう。

    何度も「幻魔大戦」シリーズネタで書いていますが、
    いきなりこの本から読むのはやめましょう。

    まぁ、なかなか手に入らないと思うので、
    あまり心配はしていませんが。

    やっぱり、一番はじめは角川版「幻魔大戦」からですね。

    そっか。

    もう角川版といってもほとんど見ることはないんだね。

    とりあえず新刊で手にはいるのは集英社文庫だけかな

    と、言うことは集英社版「幻魔大戦」から読みましょうと言うことで。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : SF小説
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : SF 超能力 ハルマゲドン 平井和正

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー