アイスランド 【2002年製作:映画】

    久々の映画ネタが、
    B級作品というのは「ひとりよがり」だよねぇ。

    と、言うことで「アイスランド」です。

    こりゃ、またすんごいちぐはぐな映画です。

    パッケージを見て、
    大体のストーリーはつかんでいるので、
    のっけからの展開は、
    おぉと思ったわけですが。

    いかんよねぇ。

    主要登場人物の紹介的なエピソードが、
    じゃまだと思ってしまうほど、
    南極大陸の刑務所の話が唐突なんですよね。

    これだったら南極の刑務所以外のシーンを排除した方が全然良いのではないでしょうか。

    おもってしまいましたよ。

    謎の生物が地中から登場してくる流れは、
    なかなか良い感じなんですよ。

    でも、序盤のキャラクター紹介シーンが長かったせいで、
    どんな生物が地中から出てきたのかを期待させるところが、
    ほとんどなくてどーんと簡単に正体を現してしまうのです。

    で、正体がわかってから突然、
    軍隊が登場するシーンになるのですが、
    これまた肝心の所が説明不足で、
    困ったちゃんになってしまうわけです。

    もう、色々なところで中途半端な説明や、
    唐突に始まるシーンがあって、
    ちょーもったいないです。

    基本的なモンスターパニックの演出がぐちゃぐちゃ。

    基本ができていないと、基本を壊すことができないのに。

    物語的には、巨大蛇に簡単に人が殺されていくから、
    なかなかいい感じなんだよね。

    退治することなんか考えずに、
    逃げることに一生懸命になっている所もすごくいいし。

    最後のお約束的「二度ビックリ」のモンスター登場は、
    「おいおい」と思う前に、
    まぁ、そんなもんだろと思わせてしまうほどの唐突さ。

    それが、当たり前に感じてしまうほど徹底的に「見せ方」が甘い映画はなかなかお目にかかれない。

    もうちっとしっかり物語のリアリティが保てるほどの説明があれば、
    きっとすばらしいB級映画になったと思うのに。

    残念だよねぇ。

    なんだかんだと最後まで見ていられる訳のわからないパワーはあるんだから。

    と、いうより「なんで?」って感じで見ていて、
    結果なんも説明がなくて、
    おいおいって感じで終わったんだけどね。

    それはそれで、
    最後まで見せてしまうのは、
    やはり得体のしれない何かがこの映画にはあったのだろう。

    たぶん、ね。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : モンスター パニック アクション 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー