デアデビル 【2003年製作:映画】

    アメコミヒーローモノがはやっているので結構、
    配給も力を入れて宣伝していましたねぇ。

    とはいえ、
    この映画は、
    はっきり言ってB級です。

    まぁ、純然たるB級映画ではないので、
    そこら辺の日本映画の大作よりも金はかけていると思うんだけど、
    ノリはB級映画のノリです。

    だからおもしろいんだけどねぇ。

    いくらアメコミのヒーローだからって、
    国民的なスーパーヒーローでもない「デアデビル」に多額の金は投資しませんて。

    スーパーマン、
    スパイダーマン、
    バットマン、
    ハルク、
    X-MENと言った歴史と伝統と人気を兼ね備えたヒーローたちとは、
    ちょっとランクが下かな。

    私は好きですよ。

    おもしろかったし。

    やたら人間くさいし。

    っていっても、
    この手のヒーローってアメコミでは結構いたりするのですが。

    で、思っていたよりもヒロインが良くなかった。

    「スパイダーマン」よりは、全然良かったよ。

    でも、彼女が主役の映画が作られるという話があるから結構期待したりしたんだけど、
    なぜかいな。

    いまいちでしたね。

    まぁ、細かいことはおいといて。

    娯楽作品としてなかなか楽しめますよ。

    もう少し悪役のアクが強いともっと良かったのに、
    なんて思ったりもしましたけど。

    なんといってもヒーローモノには、
    最高の悪役が必要なわけです。

    そう考えると、
    ちょっと物足りない悪者でしたね。

    まぁ、ヒーローがあまりにも地味な超能力だから、
    とんでもない悪者だと退治できなくなってしまうからね。

    でも、そこを愛と勇気と知恵で乗り切ってこそヒーローだと思うわけですよ。

    まぁ、産業廃棄物の処理場で廃液を目に食らって失明しただけのヒーローですからね。

    スーパーなのは、
    聴力だけだからね。

    後は、普通の人間が体を鍛えて強くなっただけだからね。

    そんなの誰でもなれるじゃんなんて突っ込まないように。

    誰もがなれるわけではないのだ。

    スーパーヒーローは、
    あの恥ずかしい衣装を着れる人間しかなれないのだ。

    おっと、なんか「デアデビル」の話ではなくなってしまった。

    って、いつものことか。

    とりあえず、
    スーパーな過剰なアメコミヒーローを期待している人は、
    観てはいけません。

    期待はずれに終わるから。

    そう思っていない人は、
    是非見てください。

    思っている以上に、ヒューマンな話ですから。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : アメコミ 犯罪 アクション SF 動画 ベン・アフレック ジェニファー・ガーナー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー