朽ちる散る落ちる Rot off and Drop away 【小説】

    とりあえず森博嗣です。

    とりあえず「朽ちる散る落ちる Rot off and Drop away」です。

    何がとりあえずなのかわかりませんが、、。

    さて、Vシリーズもこの「朽ちる散る落ちる Rot off and Drop away」を入れて二冊を残すのみです。

    最後が「赤緑黒白 Red Green Black and White」です。

    どうなんですかねぇ。

    シリーズとしては、
    やはり犀川&萌絵のS&Mシリーズの方がおもしろいです。

    たぶん、このVシリーズも紅子&保呂草のコンビシリーズだったら、
    今よりもおもしろくなったかも。

    でも、たぶんS&Mシリーズとキャラクターが変わっただけと言われてしまうんだろうなぁ。

    まぁ、ようするに同じ推理ネタでS&Mシリーズにしても良かったかなぁ。

    と、いうよりそっちの方が私は全然好きだなぁ。

    さてさて「朽ちる散る落ちる Rot off and Drop away」ですが、
    なんか推理小説ぽくないな、という印象。

    殺人事件があって、
    犯人がいて探偵がいる。

    いわゆる王道ってやつですか。

    やっぱそれじゃないとねぇ。

    今回は、確かに「死体」が密室で発見される。

    密室のトリックは、あちきわかりませんでした。

    もっと言うと犯人わかりませんでした。

    困ったもんです。

    何が困ったのかは、
    ネタバレになってしまうので書きません。

    ちなみにこの作品は、
    前作の「六人の超音波科学者 Six Supersonic Scientists」を読んでいないと、
    ちょっと話がついていけないかも。

    なぜか?

    それはね「六人の超音波科学者 Six Supersonic Scientists」の舞台で再び事件が起こるから。

    事件自体の関連性は、
    ほとんどないので別に前作を知らなくても問題がないといえば問題ないんですけどね。

    まぁ、何はともあれイマイチだったなぁ。

    別にトリックや犯人がわからなかったからイマイチだと言っているわけではないですよ。

    物語として、
    イマイチのめり込む要素がなかったな、
    と言うだけ。

    じゃぁ、読まなければいいかというと、
    やっぱり読んでもらって、
    次につなげないとね。

    「赤緑黒白 Red Green Black and White」は、
    ちろっと読み始めたけど今のところいい感じです。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 推理小説・ミステリー
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : 森博嗣 推理 犯罪 Vシリーズ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー